« 川原砦跡(兵庫県三田市) | トップページ | 見取城跡(京都府舞鶴市) »

2014年8月15日 (金)

岡田由里城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市岡田由里にあって、既にリポート掲載を終えた荒張城からみて、小さな集落を跨いで北西側に対峙した低丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、荒張城を起点とすれば所在位置も分かり易いので、訪問ルートの説明は割愛させて頂くが、国道175号線「岡田由里」の信号からはルート図を参考にして頂きたい。現在主郭転用地には稲荷神社が祭られている事もあって、集落の西側からは参拝登山道を利用すれば迷わず上れる状況にあるが、概念図にその登山口(墓地背後)は示したので、是非それを参考にして頂きたい。

1route登城ルート

3城跡概念図


城跡の形態は、アバウトに描いた概念図を参考にして頂きたいが、主郭から便宜上の三ノ郭までの郭総全長は軽く80mに達するものであり、山上における郭占有面積は比較的大きく、砦の域は充分はみ出た山城と言っても良いかも知れない。ただ三ノ郭の半分以上、あるいはその下段四ノ郭は一部藪化が深刻化した状態にある為、探索踏破は出来ずに終わっており、郭形状や残存遺構に関しては、概念図に示したままには決して終わらないものと思って頂きたい。その中にあって見所遺構と呼べるものは、主郭北端の尾根を断つ堀切、西側斜面に施された受け土塁を伴う堀切といった事になろうが、何れも縦堀を伴うものであり、見応えは充分感じられよう。切岸は主郭背後、あるいは二ノ郭東壁で高低差のある見事なもの(画像に注目)を拝める筈である。尚、主郭に建つ社殿背後には土塁の痕跡が残るが、造成整地後の残土とも受け取れる為、これは見学者の判断に委ねたい。

8_kaku2_touheki_2二ノ郭東切岸見所

12_shukaku_yori_kaku2主郭より二ノ郭

16_shukaku_2主郭

15_shukaku_3土塁痕か?

18_kita_horikiri_2北端堀切見所

23_minami_horikiri_dorui_2


南西堀切(縦堀)見所




現状(五月訪問)城跡は、先に触れた様に主郭及び二ノ郭までは見通しも利き、それなりに動き回り易い状態にあるが、その下段にある三ノ郭も含めて、東側に展開される郭は身動きも取れないほどの低草木に覆われており、その形状さえ掴めない非常に醜い状態の下にある。それほど多くの郭が重なり合っているとは思えなかったが、、、西側斜面は植林地にある為、縦堀の全体像が拝める素晴らしい状態にあるので、取り合えず一安心と言ったところか、、、城跡を個人的に評価するのであれば、山城としての縄張り妙味には少し欠け(個人的主観)、更に状態も良いとは決して言えないが、確かな登山道で迷わず山上まで上れる事、状態の良い縦堀を伴う堀切が拝める事、高低差を伴う切岸の醍醐味には充分触れられる事、以上の材料が揃えば、自ずとお薦め出来る山城の一つ、と言う事にはなるだろう。

« 川原砦跡(兵庫県三田市) | トップページ | 見取城跡(京都府舞鶴市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/56375400

この記事へのトラックバック一覧です: 岡田由里城跡(京都府舞鶴市):

« 川原砦跡(兵庫県三田市) | トップページ | 見取城跡(京都府舞鶴市) »

無料ブログはココログ