« 垣内南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) »

2014年6月13日 (金)

井尻三城中、その二 井尻南城跡(京都府船井郡)

この城跡に関しては、数年前既に井尻城(本城)としてリポート掲載は終えているが、その時地元で得た情報として、本城から見て南側尾根先端にも馬場跡と伝承されている城郭遺構があるとして、ルート図中に推定馬場跡として所在地を記した記憶がある。しばらくこの城跡の存在は頭から離れていたものの、今回は気になっていたその推定馬場跡を覗くべく、再び当地を訪れる事になったが、結果として地元に伝わる馬場跡とは裏腹に、小規模ではあるが本格的山城の様相を呈した、ほぼ完存とも思える遺構残存度の高い城郭遺構と対面出来た事を最初にお伝えしておきたい。

城跡は京都府船井郡京丹波町井尻にあって、井尻本城からみて真南側の尾根先端部にあるが、訪れるには登城ルート図あるいは本城を起点とすれば一目瞭然の位置にあるので、細かい訪問ルートの説明は割愛させて頂く。車を預ける事になる公民館からの進入経路は画像及びルート図を参考にして頂きたいが、目印とした一本杉手前の畦道から進入して、民家脇から始まる丘陵上に繋がる山道に合流すれば、数分で本郭群には辿り着ける筈である。城史に関しての詳細は不明であるが、その築城環境を踏まえれば、北城を本城とした一城別郭の城と考えるのが妥当なところか、、、

1route登城ルート

6a登城進入経路

3i_2城跡概念図

城跡の形態は、ほぼ概念図に近いものと思って頂いても差し支えないとは思うが、本郭群は主要三郭と帯郭で形成された、郭総全長は60mにも満たない砦規模の山城である。ただ最初に触れた様に、その佇まいは城郭を形成する三要素(切岸、空堀、土塁)を見て取る事の出来る、本格的山城のそれと思って頂いても良いだろう。眼に留まった城郭遺構は、郭跡を除けば切岸(郭境と側壁)、主郭背後に施された堀切(横堀)、それに付随した土塁跡、といった処になるが、何れも見所遺構と言って良いものであり、充分見学者の眼は楽しませてくれる筈である。自身は地元の方の情報(馬場跡)を鵜呑みにして訪れた事もあって、土塁と堀切まで備わる山城遺構と対面出来た喜びは、その意外性も含めて中々言葉では言い表せないものがあるのだが、これを機に臨まれる方は、是非期待して臨んで頂いても良いのではないだろうか、自ずと是非お薦め出来る山城の一つ、といった事にはなるが、規模や縄張り妙味までは問わない事が大前提、、、

10_higasikaku4_1東段郭群

12_highasikaku2_heki_1東先端郭切岸

11_kita_heki_1北側切岸見所

18_dankaku_heki東段郭切岸見所

21_horikiri_2堀切見所

23_horikiri_haigo堀切背後

14_minami_obi南帯郭

 

城跡は訪れた時期(三月)が幸いしたせいもあるが、蔓延る木々は意外に少なく、郭内の見通しは利き、遺構の判別確認は容易く、夏季訪問においても状態予想の付き易い、非常に見学し易い状況にあると思って頂いても良いだろう。尚、この城跡の更に南側尾根上にも城郭遺構が存在する事を現地で聞き及んだが、その現況に関しては南支城として次にリポート掲載予定

« 垣内南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/56067287

この記事へのトラックバック一覧です: 井尻三城中、その二 井尻南城跡(京都府船井郡):

« 垣内南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) »

無料ブログはココログ