« 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) | トップページ | 大空堀と巨大土塁は正に圧巻!亀田城跡(京都府南丹市) »

2014年6月20日 (金)

片野城跡(京都府南丹市)

城跡は京都府南丹市日吉町田原にあって、「片野バス停」より橋を渡った直ぐ東側に望める、集落の西側に突き出した低丘陵上先端に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、数年前既にリポート掲載を終えた田原城を起点とすれば、その所在位置も分かり易いと思われるが、県道19号線に進入する事が先決となる。目印として先に触れた「片野バス停」を目指す事になるが、概念図には墓地を取り付き口(画像に注目)とした、城跡への最短直登ルートを示した。主郭に小さな祠が祭られている事から、麓からの参拝山道はあったようだが、その登山口は分かり辛いので、ここでは墓地背後の植林地帯を上り切れば、直ぐにでも辿り着ける直登ルートをお薦めしたい。

1route_4登城ルート

6tojyouguti直登取り付き口

3_3城跡概念図

城跡の形態は概念図を参考にして頂きたいが、低丘陵上を東に向いて広大な削平地で占める西側片隅に本郭群は構えられたものである。その西端には更に付郭が付随しているが、全長30m前後ある主郭自体はほぼ方形郭に近いものである。少ない遺構の中にあって見所遺構として挙げられるのは、切岸を除けば付郭西斜面上に刻まれた明瞭な縦堀(現状三本確認可能)、主郭背後に施された土塁と深さの失われた横堀、といった所になるが、更に主郭南側側壁に土塁の痕跡が見止められた事だけはお知らせしておきたい。

10_shukaku_2主郭

12_tuke_yori_kirigisi_2付郭と主郭切岸

15_sita_yori_tatebori西斜面縦堀見所

20_dorui_1主郭土塁見所

23_horikiri_1横堀見所

27_koudai_sakuheiti広大な東削平地

 

現状(四月訪問)城跡は、主郭に祠が祭られているせいなのかも知れないが、多少人の出入りがあるとみえて、遺構の判別確認し易い状態が自然維持されている。もちろん見学に差し障りない程度の状態なのだが、、、個人的に城郭遺構に見応えまでを感じる事は出来なかったが、圧倒的お手軽感を加味して、この後リポート掲載を予定している、車で移動すれば直ぐの距離にある、遺構残存度が高く素晴らしい城郭遺構の拝める亀田城と併せた、二城同日訪問は是非お薦め出来るだろう。

« 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) | トップページ | 大空堀と巨大土塁は正に圧巻!亀田城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/56072064

この記事へのトラックバック一覧です: 片野城跡(京都府南丹市):

« 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡) | トップページ | 大空堀と巨大土塁は正に圧巻!亀田城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ