« 井尻三城中、その二 井尻南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 片野城跡(京都府南丹市) »

2014年6月16日 (月)

井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡)

城跡は京都府船井郡京丹波町井尻にあって、先にリポート掲載を終えた井尻南城から見て、農作地を跨いだ南側尾根先端部に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、南城と同様に規模で勝る北城を本城と想定した場合の、一城別郭から成る城跡の一つと解釈すればそれでよいのではないだろうか、、ここでは便宜上「南支城」としたが、城跡呼称に関しては何時も通り柔軟に対応して頂きたい。

城跡を訪れるには、南城と併せた二城同日訪問とした場合、南城の東側斜面を民家側の農作地まで下りきり、畦道を利用して登城口となる墓地まで足を運べばよいだろう。画像を載せた墓地からは縦堀地形に沿って上る事になるが、直ぐに堀切が迎えてくれる筈である。

1route_2登城ルート

5enbou_2城跡遠望

3城跡概念図  

城跡の形態はアバウトに描いた概念図を参考にして頂きたいが、居館跡とも言える様相を呈しており、ほぼフラットに近い規模の大きい東郭跡(全長40m以上)の背後には、規模の比較的大きい推定主郭(櫓台)、更にその背後には土塁及び堀切と、居館跡とすれば定番とも言えるシンプル極まりない縄張りを特徴としたものである。切岸は推定主郭側壁(高低差6m前後)と本郭群南側斜面で充分拝めるが、何れも鋭角に削り落とされたものであり、見応えは充分なものとなっている。北側は墓地となっており、造成整地も充分考えられる事から、東郭切岸(墓地側)をそのまま当時のものとするには、少々無理があるかも知れない、、、

6_kita_tateboriato縦堀地形、登城口

8_kaku2_3広大な東郭 

12_shukaku_dorui主郭土塁見所

10_shukaku_heki_2主郭東切岸 見所

15_horikiri_1堀切見所

 

17_tatebori_1_2縦堀見所 

17_yokoya_hori横矢土塁空堀地形 見所

 

 

現状(三月訪問)館跡とも言えそうな規模の大きい東郭には、相当量の雑木が蔓延っており、郭内をくまなく歩き回る事は困難を極め、更に見通しも利き難い状況にあるが、見所遺構となるクランク状になった縦堀を伴う堀切、その堀底から立ち上がる切岸、主郭背後の大土塁などは、判別の容易い状況下にあると思って頂いても良いだろう。城跡を個人的に評価するのであれば、南城も含めた一城別郭とした井尻城の本質を究めたい方には、当然是非お薦め出来る城跡の一つ、という事になるが、土塁、切岸、空堀の拝めるこの城跡は、お手軽感を加味せずとも、単独訪問としても立派に遺構見学が成立する、「充分お薦め出来る城跡」といった事になろうか、、、

« 井尻三城中、その二 井尻南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 片野城跡(京都府南丹市) »

京都府の山城跡」カテゴリの記事

コメント

先日南丹市訪問の機会に井尻城址(再訪)の後、南城、南支城を訪問しました。

本城→南城へは一端谷に降り、僅かな踏み跡を頼りに登ると合計5郭。切岸がとても美しく感動。これだけかと思ったら奥には土塁、堀切と続き、思ったより遥かに良かったです。

更に南に行くと支城ですが、谷は深そうなので回り道になるが尾根筋を選びました。この尾根筋は斜度はあまりなかったですが、尾根筋にしては珍しく堀切道。倒木多く歩き難かったですが大堀切は感激しました。下りは道なき道を適当に下山。結果的には比高・距離はあまりありませんでしたがワイルドで楽しい井尻3城縦走を体験できました。

いつもありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/56068412

この記事へのトラックバック一覧です: 井尻三城中、その三 井尻南支城跡(京都府船井郡):

« 井尻三城中、その二 井尻南城跡(京都府船井郡) | トップページ | 片野城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ