« 山室城跡/鳥羽城跡(京都府南丹市) | トップページ | 竹井天神山城跡(京都府南丹市) »

2014年5月27日 (火)

本井城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は兵庫県豊岡市岩井にあって、既にリポート掲載を終えた小城鼻城から見て713号線を間に挟んだ真東側の、標高60m程度の低丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、先に触れた小城鼻城を起点とすればその所在位置も分かり易い事から、城跡までのアクセス方法は割愛させて頂くが、713号沿いから直ぐ目に留まる清掃センターを目印として車を走らせればよいだろう。そこからはルート図あるいは概念図を参考にして頂きたいが、画像を載せた神社石鳥居脇の集合墓地より山道に任せて丘陵上を目指して歩き、清掃センターが遠くに見えてきた地点で右手に進路変更(左手丘陵上には古墳らしき跡がある)、更にそのままなだらかな斜面を上れば、城域となる広い削平地(薄い空堀が確認可能)が直ぐに迎えてくれる筈である。本郭群へは更に北へ上り続ける事になるが、、、

1route登城ルート

4登城口

3城跡概念図

 

城跡の形態はアバウトに描いた概念図を参考にして頂きたいが、本郭群は南北両端に刻まれた堀切間における、規模の大きい郭群(ほぼ三郭構成か?)がそれの様にも見受けられた。その全体像は大味な縄張りプランも相俟って、館城の如き佇まいと思って頂ければ分かり易いかも知れない、、、現状(12月訪問)主郭と察せられた規模の大きい郭跡では変形の土塁跡、あるいは仕切り土塁跡を窺うことが可能となっているが、郭内の藪化は冬季訪問であるにも拘らず相当深刻化しており、郭内部をくまなく探索することは困難極まりない状況にある。概念図に描いたまでが自身が踏破探索出来た範囲を示したもので、更に判別確認出来た遺構群と思って頂ければ良いが、郭形状などは推察を含めたものと思って頂きたい、、、、

12西尾根空堀跡

16_horikiri南堀切見所

18変形土塁内壁見所

22_sikiri_dorui仕切り土塁跡

24_kaku主郭北郭跡

28

北端堀切見所

城跡を個人的に評価するのであれば、残存遺構に見応えまでを感じる事は出来なかったが、豊岡市内に数多く築かれた城跡巡りの一環として、少し立ち寄る程度なら何とか無駄足には終わらない城跡と言ったところか。

« 山室城跡/鳥羽城跡(京都府南丹市) | トップページ | 竹井天神山城跡(京都府南丹市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/55599394

この記事へのトラックバック一覧です: 本井城跡(兵庫県豊岡市):

« 山室城跡/鳥羽城跡(京都府南丹市) | トップページ | 竹井天神山城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ