« 田島城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 但馬上山城跡(兵庫県豊岡市) »

2014年5月 3日 (土)

畝状空堀群が唯一の見所 簸磯城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は兵庫県豊岡市城崎町上山にあって、既にリポート掲載を終えた仮)上山北城より直ぐ北側にある丘陵先端部に位置しており、寺院及び簸谷を挟んだ形となっている。ちなみに上山北城としたものは、数年前まで遡るが簸磯城と城跡呼称を取り違えた形でリポートしており、今年になって「お知らせ」の中で呼称を訂正した城跡の一つでもある。城史に関しての情報は「現地案内板」をクリックの事。

城跡を訪れるには、上山北城を起点とすれば一目瞭然とも言える距離にあるので訪問ルートの説明は割愛させて頂くが、車を預ける事になる福泉寺からは赤ラインを辿って頂き、目印とした砂防ダムのある登城口(手すり付きの石段がある)まで向かえばよい、そこからは旧参拝登山道が山上主郭まで繋がっているので迷わず辿り着ける筈である。ちなみに10分程度の所要時間

1route登城ルート

4登城口

2_2現地案内板

3城跡概念図

城跡の形態は、概念図に描いたものにほぼ近いと思って頂いても差し支えなさそうに思われるが、郭内は下草が一面に蔓延り、更に切岸斜面上は地表風化あるいは藪化が進行し、相当量の雑木が蔓延っており、外見から全貌を窺うことは困難を極める状況にある事から、郭形状や畝状空堀群の位置関係、あるいは掘削された総数はこの限りではないものと思って頂きたい。遺構見学としての見所は自ずと畝状空堀群という事になるが、先に触れたように地表風化は激しく、見応えまでは到底望めないものであり、これを機会に臨まれる方には決して期待を持って臨まないことが肝心となろう、、、他では主郭内に土塁跡も見止められるが、これは一部造成整地後の残土とも窺えた事から、遺構としての成否の判定は見学者の判断に委ねられるだろう。

10_shukaku主郭の現状

12_dorui推察土塁跡

16_horikiri堀切

18_horikiri_heki堀切壁となる切岸

22_une_tatebori畝状空堀

20_une_dorui畝状空堀土塁

 

城跡を個人的に評価すれば、状態や規模は絶対問わない事が前提とはなるが、お手軽感を加味した上で、山城ファンの方だけにはお薦め出来るかも、、、

« 田島城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 但馬上山城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/55579721

この記事へのトラックバック一覧です: 畝状空堀群が唯一の見所 簸磯城跡(兵庫県豊岡市):

« 田島城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 但馬上山城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ