« これも天空の城の一つ! 矢根城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | やっと踏破に漕ぎ着けた! 丹後 香久山城跡(京都府与謝郡) »

2014年2月11日 (火)

お知らせ 城跡呼称の判明

今まで自身が探索踏破した上で、城郭遺構と判断したにも拘らずリサーチ不足のせいもあって、仮名城跡としてリポート掲載に及んだ但馬地方の山城の呼称が判明しましたのでお知らせしたいと思います。と同時に、その後但馬在住の山城ファンの方から頂戴した信頼出来る情報により、呼称を取り違えた城跡も判明しましたのでお知らせしたいと思います。

1)数年前に森津城跡のリポート記事中で、呼称不明の城跡としたものは東城と判明(リポート記事中にそのまま据え置き)

1_2滝東城概念図

2登城ルート図

2)数年前に気比高城としてリポート掲載に及んだものは、気比白山城と呼称を取り違えていた事が判明、気比高城はまだ未訪の為、現状正確な所在地及びその形態は不明です。(城跡呼称は既に訂正済)

1_3気比白山城跡概念図

2_2登城ルート図

3)数年前(2009年三月)但馬の山城カテゴリー中に簸磯城跡としてリポート掲載に及んだ城跡は、現地在住山城ファンの方から頂いたその後の情報で、一つ尾根を挟んだ北側山上に同名の城跡が存在する事が既に判明しておりましたが、昨年本来の簸磯城跡は探索踏破する事ができました。もちろんまだリポート掲載には至っておりませんが、何れリポート掲載の予定です。ならば以前紹介した城跡は?という事になりますが、情報を提供して頂いた方によれば、公的資料にはまだ載せられていない山城の一つという話なので、字名を採用し取り合えず仮名)上山北城跡とさせて頂きたいと思います。ちなみに上山城は北城から見れば真南の枝尾根先端部に位置しており、館城の様相となっています。この城跡も何れリポート掲載の予定です。尚、この呼称を取り違えた城跡は記事据え置きにて、タイトル(仮)上山北城跡として既に訂正は終えましたので、これを機に訪れる準備のある方には、上記呼称にてブログ中アクセスして頂ければ幸いです。

4仮)上山北城跡概念図

2_2ルート図

« これも天空の城の一つ! 矢根城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | やっと踏破に漕ぎ着けた! 丹後 香久山城跡(京都府与謝郡) »

城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/54672969

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ 城跡呼称の判明:

« これも天空の城の一つ! 矢根城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | やっと踏破に漕ぎ着けた! 丹後 香久山城跡(京都府与謝郡) »

無料ブログはココログ