« 打越城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 伊賀清水城跡(三重県伊賀市) »

2012年12月11日 (火)

縄張り妙味のある連続空堀が見所! 油江小谷城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市油江(ユゴウ)小谷にあって、小さな集落の中央に位置しており、北キンキ丹後鉄道「丹後神崎駅」からみて南側の低丘陵上にあるが、駅のホームからも充分望める位置にある。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、既にリポート掲載を終えた蒲江城を起点とすれば分かり易いが、由良川に沿って走る571号線に進入し、「丹後神崎駅」を目印として目指す事になる。登城スタート地点となるのは「油江集会所」背後にある赤い鳥居からで、ここから旧参拝登山道に任せて上れば、旧社殿の建つ主郭までは10分内で辿り着ける筈である。尚、車の駐車に関しては、集会所付近に路駐可能なスペースが充分確保出来るので心配には及ばないだろう。

1route 登城ルート

5 城跡遠望

10 入山口

3 城跡概念図

城郭の形態は概念図を参考にして頂きたいが、規模は小さく、ほぼ単郭で形成された砦規模の山城と思って頂いても良いだろう。ただし斜面上に施された連続する空堀(縦堀)、あるいは主郭背後の尾根を断つ三連の堀切(縄張り妙味の感じられる空堀)が象徴する様に、練られた縄張りプランは中々味のあるものであり、下草の蔓延らない状態の良い切岸、旧参拝登山道で迷わず上れるお手軽感も含めれば、規模さえ問わなければ間違いなくお薦め出来る山城の一つ!と自分の目には映ったのである。尚、社殿のある主郭までは、現状虎口跡の様にも窺える空堀道が刻まれているが、余りにも状態が良い事、あるいはこの規模の城郭で、当時主郭正面に堂々と分かり易い虎口(空堀道)を設けた例が見当たらない事もあって、これは後世参拝用に掘削されたものと見るのが妥当なところか、、、

19_shukaku_1 主郭

21_horikiri_1 堀切見所

30_kita_heki 主郭切岸見所

25_one_2ren_horikiri 痩せ尾根上の二連堀切見所

27_tatebori_2 縦堀見所

31_3ren_tatebori 三連の縦堀見所

32_kita_2ren_tatebori_1 北二連縦堀見所

現状(11月)城跡は、近年までは地元の方が稲荷神社へ参拝に訪れていた事もあって、登山道も含めて蔓延る木々は比較的少なく、そのお陰で現存する遺構の判別確認は容易く、山城としては遺構見学のし易い状態にあると思って頂いてもよいだろう。ただし地表風化はそれなりに進行しているので、堆積物によって埋もれた連続空堀(縦堀)や堀切、あるいは薄くなった土橋などに、見応えまでは決して望まない事が肝心となるが、、、、

« 打越城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 伊賀清水城跡(三重県伊賀市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

TAKUさんこんばんは!猪名川町のイッシーです!最近暑くなり山城跡探訪に行けなくなる季節になりました!!今の時期は平城跡や居館跡をメインに探訪してます!また地元の地名を探って城跡を探している毎日です!猪名川町内馬場に垣内の字があり砦跡があってもおかしくない山があります!また城跡情報になりますが南丹市園部町に半田城跡、南丹市園部町南八田に南八田城跡、南丹市園部町竹井に天神山城跡、南丹市園部町仁江に仁江城跡があります!まだ探訪していませんので遺構の確認はできていません!また今年の冬になりましたらまた御報告させて頂きます!また山城跡レポート大変楽しみにしてます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/48144415

この記事へのトラックバック一覧です: 縄張り妙味のある連続空堀が見所! 油江小谷城跡(京都府舞鶴市):

« 打越城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 伊賀清水城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ