« 村井氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 丘陵先端部に二城が軒を並べる 玉滝川上城(三重県伊賀市) »

2012年12月23日 (日)

蓮池上山氏城跡(三重県伊賀市)

城跡は三重県伊賀市蓮池にあって、登城ルート図を見れば直ぐお分かり頂ける様に、先にリポート掲載を終えた村井氏城からも直ぐ望める程近い距離にあり、「蓮生寺」直ぐ東背後の丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、上山氏の居館跡と伝えられている。

城跡を訪れるには、先に触れた村井氏城を起点とすればその位置も分かり易い事から、城跡までのアクセス方法は割愛させて頂くが、「蓮生寺」集合墓地東背後の雑木竹林地の中が城跡でもあり、墓地背後より上れば直ぐにでも土塁上に佇む事が可能となっている。

1route_1 登城ルート

7 城跡進入経路

3u 城跡概念図

城跡の形態はアバウトに描いた概念図を参考にして頂きたいが、伊賀の居館跡に相応しく土塁で主郭四方を固めたもので、その四方を廻る土塁はほぼ完存、しかも虎口付近には組みの痕跡が残る井戸跡、更に当時の遺構かどうかの正否の判定は難しいが、郭周囲には排水溝の様な石列が廻っている。お定まりとも言える空堀(箱堀)は主郭東背後に施されているが、堆積物によって深さは相当失われており、見応えには少々欠けるかも知れない。この空堀には空堀に沿う形で石垣も一部残っているが、遺構としての正否の判定は見学者の判断に委ねられるといったところか、、、、空堀を越えて更に東側に足を延ばせば、二方を土塁(内壁に石積跡)で仕切られた形の削平地を眼にする事も出来るが、これも縄張りの一部と見て良いのかも知れないが、空堀下の直ぐ南側に展開される規模の大きい削平地(石組み井戸と郭壁随所に石垣跡が残る)と同様に、後世における寺院跡地とみるのが妥当なところかも、、、、謎。

20_shukaku  主郭内部の現状

12_idoato 井戸跡見所

23_douri_naiheki 配水溝か?石列

22_dorui 土塁見所

23_minami_dorui_heki_1 土塁外壁

16_karabori 空堀見所

18_isigaki_1 空堀、石垣

現状(12月)城跡は郭内部も含め、その一帯は風化も藪化も相当深刻化しており、青竹や低草木が一面に蔓延っている上に、更に倒竹が追い討ちをかける状態となっており、郭内をくまなく歩き回る事は困難を極める状況にあると思って頂いてもよいだろう。もちろん四方を廻る土塁の全体像を拝む事も出来ないが、比較的見通しが利き、蔓延る木々の少ない土塁上を移動すれば、先に触れた遺構群は何とか判別確認も出来るだろう。城跡を個人的に評価すれば、残存遺構に見応えまでは望めそうにないが、空堀や土塁、更に井戸跡も含めた、ほぼ完存とも言える遺構群の史跡としての値打ちは高く、その状態さえ問わなければ、圧倒的お手軽感も加味して「充分見学する値打ちのある城跡の一つ」、といった事にはなろうか、、、、

« 村井氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 丘陵先端部に二城が軒を並べる 玉滝川上城(三重県伊賀市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

TAKUさんあけましておめでとうございます!猪名川町のイッシーです!最近は地元猪名川町の山城跡を久しぶりに探訪しています!やはり猪名川町で最大の城跡は木間生城跡だと確信しました!!また今後は播磨あたりの城跡探訪に行こうと思っています!またTAKUさんの山城賛歌さんを御参考にさせて頂きます!今後ともお身体にお気をつけて頑張ってください!

TAKUです、イッシーさん新年早々なるご挨拶コメント有難う御座いました、遅ればせながら明けましておめでとう御座います。
今年は一月半ば辺りから山城巡りを再開させる予定でおりますが、寒さの厳しい毎日が続いております、体調に気遣いながら山城巡りを楽しんで頂きたく思っております。又新たな城跡情報があれば宜しくお願い致します。

先週末伊賀地方をぶらぶら訪問しておりました。幾つかの山城についてはTAKUさんの掲載のものを参考にさせて頂きました。いつも正確なローカル記事改めて御礼を申し上げます。この山城はアクセスが便利にもかかわらず、適度に荒れていて又石垣もどきも残っていて、感激しました。藪だらけですが、面積も意外と広く余程金持ちの豪族だったと推察されます。

一方Hpに掲載のfighttaku@nifmail.jpにメール(小職の自己紹介および普段の御礼のために)を送信したら、配信不能で届けられませんでした。
可能であれば教示頂けますでしょうか。

TAKUです、ヒデさんご質問の件ですが、数年前まではメール機能は使えたのですが、サーバーから一方的に廃止が伝えられ、現在ではメール機能は全く使用出来ない状況にあります。それまでは数少ない山城ファンの方から多くの激励メールを頂戴し、逆にさばききれない状態が続いていたのですが、サーバーの事情もあって、メールを頂戴した方々には止む無くメール廃止の通知、あるいはブログ中でもお知らせした経緯があります。
結論から申し上げれば、今まで同様ブログ中でのコメントのやりとりが、自身にとっても読者の方々にとっても一番好ましいものと思えましたので、これからも書き込みを利用して頂ければと思う次第です。
この件ご理解頂ければ幸いです。
これからもヒデさん自身多くの山城と触れ合い、私と感動を少しでも分かち合える事が出来たらと願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/48427489

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮池上山氏城跡(三重県伊賀市):

« 村井氏城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 丘陵先端部に二城が軒を並べる 玉滝川上城(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ