« 蒲江城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 佐織城跡(京都府舞鶴市) »

2012年11月27日 (火)

蒲江大田城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市蒲江大田にあって、先にリポート掲載を終えた蒲江城から更に南下した地点にあり、低丘陵上の先端に位置している。この山城も由良川沿いに数多く築かれた山城の中の一つであるが、蒲江城を始めとした他の山城と同様に、出城の域は決して出ない砦規模の城跡といった事になろうか、、、城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、先に触れた蒲江城を起点とすれば所在位置も分かり易いが、蒲江集落から更に571号線を数百m南下すれば長い直線道路となる、その中央付近の二番目の踏切?を目印として目指せば、今回車を路駐する事になる踏切手前の広い路肩は直ぐ目に留まる筈である。そこから直登取り付き地点(画像に注目)まではルート図の赤線を辿って頂きたいが、そこからそのまま山上を目指して上れば、藪漕ぎもなく迷わず主郭までは辿り着ける筈である。ちなみに踏切からは15分程度

1route 登城ルート

5 取り付き地点

3oo 城跡概念図

城跡の形態は、コンパクトにまとまった縄張りであるが故に、ほぼ概念図に描いたものに近いと思って頂いても差し支えないと思うが、目測全長30m前後の主郭に帯郭を付随させ、その尾根両端を堀切で断ったシンプル極まりない構造となっている。見所遺構としては郭背後を断つ明瞭な土橋付き堀切、あるいは南斜面側における切り立つ切岸といったところになるが、東尾根を断つ堀切は堆積物(落葉)に埋もれて明瞭なものとはとてもいえないので、見応えまでは望めないだろう。縦堀に関してはそれらしいものを一箇所確認する事が出来たが、自然地形の可能性もあるので、訪れた方自身で判断して頂きたい、もちろん木々の多く蔓延る全ての斜面を覗いた訳ではないので、空堀(縦堀)に関してはこの限りではないものと思って頂きたいが、形態を考えてもそう多くは望めないような気がした。

7_horikiri_1 落葉で埋もれた北堀切

10_shukaku_heki 主郭東切岸

12_shukaku_1 主郭の現状

20_tatebori_1 縦堀

13_shukaku_heki 主郭南切岸見所

15_horikiri_dobasi 土橋付き堀切見所

16_karabori_1 空堀見所

現状(11月)城跡は多くの木々やシダが蔓延り、堆積物によって地表の露見している箇所は限られてくるが、藪漕ぎ移動までには至っておらず、概念図に示したまでの遺構は全て判別確認可能な状況にあると思って頂いても良いだろう。ただしその全貌が窺える見通しの利く状況にはないので、狭い縄張り内を歩き回る事は余儀なくされるが、、、個人的に城跡を評価すれば、蒲江城からもほど近い距離にあり、二城同日訪問とするのであれば山城巡りとしての効率も良く、充分お薦め出来るかも知れないが、規模や状態は絶対問わない事が肝心。後世人の手が加えられたと察せられる(山林作業用山道として)土橋は今まで数多く眼にして来たが、この当時のままとも察せられた土橋付き堀切は、充分見学する値打ちありと見た!

« 蒲江城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 佐織城跡(京都府舞鶴市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/47932978

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲江大田城跡(京都府舞鶴市):

« 蒲江城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 佐織城跡(京都府舞鶴市) »

無料ブログはココログ