« 丸田東城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 蒲江大田城跡(京都府舞鶴市) »

2012年11月23日 (金)

蒲江城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市蒲江(カマヤ)にあって、標高約140mの山頂に位置しており、その西麓には山王神社が鎮座している。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、由良川沿いを国道178号線と平行して走る571号線に進入する事が先決となるが、今回登城口とした蒲江集落の「山王神社」を目印として目指せば分かり易いだろう。その直登取り付き口は、山王神社の摂社となる「稲荷神社祠」からとなるが、その背後より山頂を目指して上れば、藪漕ぎもなく20分程度で辿り着ける筈である。

1route_2 登城ルート

6_2 直登取り付き口

2kamaya 城跡概念図

城跡の形態は概念図を参考にして頂きたいが、山上本郭群における藪化はまだしも、堆積物や侵食による地表風化は相当進行しており、主郭や帯郭に関しては形状も掴めず、描いたものは自身の推察も含めたものと思って頂きたい。取り合えずその中で判別確認可能なものは全て概念図には示したつもりだが、郭跡を除けば本郭群両端に施された片側に縦堀を伴う二本の堀切(主郭背後の堀切は明瞭な土橋付き)、狭小段郭群における切岸といった事になろうか、、、

12_horikiri_1 縦堀を伴う薄い堀切見所

31_shukaku_gawa_2 南段郭群の切岸

30_shukaku_gawa 主郭下段

26_karabori_dobasi_1 明瞭な上り土橋見所

27_karabori 縦堀見所

現状(11月)城跡は植林地にある事もあって、先に触れたように藪化までには至っておらず、移動に差し支える事も無く探索し易い状況にあるが、地表風化は相当進行しており、二箇所に施された空堀(縦堀も含む)は相当薄くなっており、切岸も曖昧なもので鋭角なものは拝めず、見応えまではとても望めないかも知れない。城跡を個人的に評価すれば、規模も小さく遺構の見応えには随分欠けるが、当時の祖形は失われず手付かずのまま現在に至ったものとすれば、史跡としての値打ちは非常に高いものであり、楚々とした山城の風情だけは充分味わえると思われた事から、これを機に臨まれる用意のある方には、是非このニュアンスを汲んで臨んで頂きたい。山城ファンの方に限れば充分お薦め出来るが、、、

« 丸田東城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 蒲江大田城跡(京都府舞鶴市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

TAKUさんこんばんは!猪名川町のイッシーです!本日三木市吉川町渡瀬にある渡瀬城跡に探訪しに行きました!!渡瀬城跡は吉川高校の背後にある山にありました!!また目印になるのは法光寺に繋がる道を道なりに進むと右手に墓地がありますのでそこから進入できます!遺構などは土塁にも見える土盛り、郭跡、切岸に空堀地形がありましたがこの空堀地形はかなり堆積物があるため空堀地形かどうかはわからない状態でした!しかし切岸は見た目ですぐにわかりました!!探訪していましたら朽ち果てた社跡がありまた無数にため池も城跡内にありました!!個人的にはしっくりこない城跡でした!また三田市の上深田にある植風呂城跡も探訪しましたがあまりお勧めできません!山頂には郭跡、土橋、土塁などがありましたが麓にも屋敷跡、居館跡とも思える広大な平坦地形があるためどこが城跡なのかまったくわからない状態でした!目印は上深田にある常福寺さんの左手にある山にあります!また三田市下田中の城跡情報になりますが道明院さんの裏山に山崎城跡がありました!!山頂には削平地、土塁などがありました!!またお役に立てて頂ければ幸いです!これからも楽しみに拝見させて頂きます!!また心から応援致しております!御体にお気をつけて頑張ってください!また自分も頑張って山城跡探訪楽しみながら続けていきます!

TAKUさん今晩は。
私は最近、宇喜多と毛利の戦いを追っかけ
岡山県北部に行くことが多く、直近では3週間連続
津山行きでした。
今日は久しぶりに、以前TAKUさんのレポートを
見て気になっていた、能勢町山田の「山田城」に
行ってきました。
能勢町の調査を行った友人の、以前は松茸のうるさい所なので気を付けるようにとの助言で、
今日まで日延べをしていました。
例によってTAKUさんのレポートをプリントアウトして現地に向かい参考にさせていただき、
おかげさまで簡単に城にたどり着けました。
有難うございました。
想像以上の規模と、横矢を利かした土塁の塁線と
巧妙な虎口に圧倒されて帰ってきました。
TAKUさんは、最近舞鶴の由良川沿いの城に行かれおられるようですが、
西舞鶴の「佐武ヶ嶽城」「万願寺城」「女布城」「京田城」「福井城(福井には3か所あります)」
東舞鶴「行永青山城」「森城」等見ごたえのある城があります。
今後もレポート楽しみにお待ちしています。

TAKUです、イッシーさん城跡情報有難う御座いました。
今後訪れる上での参考にさせて頂きたいと思っております。
ただ三田周辺は、農地化あるいは宅地化が近年凄いスピードで進行しており、遺構の消失した城跡も数多く、他の地域に比べて植林地化されていない分、藪化も相当深刻化しているのが残念なところです、、、

TAKUです、ショウカンさんご無沙汰しております。
岡山の北部までお仕事で行かれているとの事、ご苦労様です。
私はお察しの様に、この所由良川沿いの山城巡りを続けております。
膝や腰に負担の少ない、低山に築かれた山城を中心に訪れておりますが、随分前にショウカンさんより頂いた、城跡の所在地図が非常に役に立っております。
福知山北部から西舞鶴周辺まではともかく、更に遠くの東舞鶴までは中々足を延ばせないでおりますが、投稿コメント中にあった二城は、訪れる機会があれば真っ先に立ち寄ってみたいと思っております。
これから寒い季節を迎えますが、是非お体に気をつけてお過ごし下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/47875792

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲江城跡(京都府舞鶴市):

« 丸田東城跡(京都府舞鶴市) | トップページ | 蒲江大田城跡(京都府舞鶴市) »

無料ブログはココログ