« 激斜面上に郭を連ねた山城 浅間寺城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 大谷向山城跡(兵庫県養父市) »

2012年10月28日 (日)

これも天空の城の一つ! 須留岐山城跡(兵庫県養父市)

城跡は兵庫県養父市八鹿町浅間にあって、標高約450m(比高360m)の須留岐山山頂に位置しているが、先にリポート掲載を終えた浅間寺城の背後激斜面を登れば、自ずと山頂を極める事の出来る山城でもある。城史に関しては浅間寺城同様不明な部分が多いが、ここまで険峻極まりない山頂に、しかも山上本郭群周囲を全て切岸化した本格的山城を築くあたりは、浅間城(低山)を居城とした佐々木氏の普請によるものとは考え難い。そのあたりも含めて充分山城ロマンに浸れる城跡という事になるが、とにかく規模は小さいが、主郭に佇めばほぼ縄張りの全体像が窺え、更に下界の眺望も利き、「イメージは正に天空の城跡」と眼には映ったのである。これで山頂の木々が全て伐採されれば、遺構見学としても山登りとしても申し分のないところだが、、、

城跡を訪れるには、浅間寺城と同様のアクセス方法となるので割愛させて頂くが、浅間寺城から先は、道案内も兼ねた手摺り代わりとなる鎖にすがりつきながら、そのまま激斜面を山頂目指して上れば良い。ただこの激斜面は相当足腰に負担を強いられる事になるので、最初から浅間寺城の遺構見学をパスするつもりなら、80分は要する(地元で聞いた話)が、比較的勾配の緩い尾根筋ルートをチョイスして頂ければよいだろう。山城巡りにおける体力を温存する事や、安全面を考慮するのであれば、直登ルートで上り、尾根筋ルートで下山する事がお勧めということになるが、ちなみに寺院から山頂までは最低約45分の所要時間、下山は尾根筋ルートで40分程度の所要時間と思って頂ければ良いかも。

1route 登城ルート

9tozanguti 登山口

3sr 城跡概念図

城跡の形態はコンパクトにまとまった縄張りという事もあって、ほぼ概念図通りと思って頂いても差し支えないと思うが、主郭内部は長年の地表風化によって凹凸が激しく、西郭の北急斜面上は蔓延る木々や堆積物によって、切岸までは充分窺えるが、空堀などの確認は出来なかった、、、まさか縦堀が施されているような城郭とはとても思えなかったが、空堀に関してはこの限りではないのかも知れない、、、尚、土塁に関しては表土の流失が激しく、虎口跡なども併せて、自身の想像と推察を含めたものと思って頂きたい。見所は本郭群周囲を覆う明瞭な切岸跡、あるいはその佇まいも含めた全て」と言い切れそうには思うが、これだけ険峻な地に城郭を築いた事自体が最大のロマンであり、見所と言えそうな気がするのである。

35_higasikaku

東出郭見所

28_shukaku_higasiheki_1 主郭東切岸(到達地)

16_shukaku_3 主郭

21_shukaku_nisi_heki 主郭西切岸見所

15_minamikaku_dorui 南腰郭と土塁見所

22_nisikaku_2 西郭

20_hakusanjyou_2 白山城を望む

29_shukaku_kitakirigisi 主郭北切岸見所

城跡を個人的に評価すれば、山城ファンを自認する方であれば、絶対に避けて通って欲しくない山城の一つでもあるが、臨むにあたっては縄張り妙味や規模は絶対に問わない事が大前提という事になろうか。自然と触れ合いながら登山も楽しめて、ついでに山城遺構も拝めるとなれば、山城ファンの方だけに限らず、一般城跡ファンあるいは山歩きを楽しまれる方にも、是非一度山頂まで足を運んで頂きたいと思えたのである。浅間寺城と須留岐山城の二城同一日訪問は、山城ファンの方に限れば間違いなくお薦め出来るだろう。

« 激斜面上に郭を連ねた山城 浅間寺城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 大谷向山城跡(兵庫県養父市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー!
養父市のお城にウエルカムです。
ちなみに補足情報ですが
この須留岐山城跡と浅間寺の但馬最古の木造建築と
一直線で結んだ線に北斗七星が進んで妙見山沈むそうです。その近辺の山城と含めて謎が多いですね。

TAKUです、興味深い情報有難うございました。
須留岐山より望めば、直ぐ東側の峰にある美寺白山城に神社が祭られているように、須留岐山も古代においては、信仰の対象となった山かもしれませんね。
城郭の築かれる以前は?となれば、限がないといったところですが、それなりにロマンは感じられそうです、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/47596079

この記事へのトラックバック一覧です: これも天空の城の一つ! 須留岐山城跡(兵庫県養父市):

« 激斜面上に郭を連ねた山城 浅間寺城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 大谷向山城跡(兵庫県養父市) »

無料ブログはココログ