« 半田城館跡(京都府南丹市) | トップページ | 外見からその全貌が窺える!西野々砦跡(兵庫県篠山市) »

2012年8月30日 (木)

池ノ谷主計城跡(兵庫県丹波市)

城跡は兵庫県丹波市山南町池谷にあって、既にリポート掲載を終えた玉巻城の東側標高約270mの山上に位置している。城史に関しては池ノ谷主計の屋敷跡と伝わっているが、自身が本郭群を覗いた限り、この小規模な砦規模の削平地に、まさか屋敷が構えられていたとは想像も出来ず、本来の居住空間は麓にあったものと思えた。恐らく詰城として見張り小屋があった程度の城郭なのであろう。尚、池ノ谷主計と玉巻城を居城とした久下氏との関係までは、リサーチに及んでいないのでどうぞ悪しからず、、、詳細は不明

1route 登城ルート

5 登城入山口

Zz_2 城跡概念図

城跡を訪れるには、先に触れた玉巻城を起点とすれば一目瞭然の位置にある事から、城跡までの詳しいアクセス方法は割愛させて頂くが、登城スタート地点となる「池谷公民館」に車は預ける事になる。ここから真北側にある山道に進入(画像に注目)し、その奥にある入山フェンスを開閉して、急斜面をそのまま山上を目指して直登すれば、藪漕ぎもなく10分内で主郭までは辿り着ける筈である。

城跡の形態はアバウトに描いた概念図に示した様に、ほぼ単郭構造の砦規模の本郭群と思って頂ければ良いだろう。堀切は北東尾根を断つ形で一応施されてはいるが、山城としてよくお目にかかるV字形の薬研堀にはあらず、長年の堆積物によって痕跡程度と思って頂いた方が、訪れた方には期待はずれに終わらないだろう、、、切り立つ切岸跡は本郭背後、あるいは北側斜面でも充分拝めるが、他で際立った遺構にお目にかかる事は出来ず、今まで述べたまでが、本郭群周辺で判別確認可能な数少ない遺構群といった事になろうか。尚、北東側の尾根上は覗くまでには至れなかったので、残存遺構もこれだけに終わるものではないのかも知れない、、、、

8_horikiri 空堀跡

10_shukaku_heki 切岸見所

11_shukaku_1 本郭

13_shukaku_nisigawa 本郭西端

14_kirikisi 北側切岸見所

城跡を個人的に評価すれば、見所は本郭背後を形成する見応えのある切岸だけとも言えるので、とてもお薦めの山城とは言えないが、このリポート記事に興味を持たれた山城ファンの方だけに、所在位置と藪漕ぎのない比較的上り易い(ただし急斜面)登城ルートが参考になったのであれば、それで由といった処か、、、、、

« 半田城館跡(京都府南丹市) | トップページ | 外見からその全貌が窺える!西野々砦跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/46874202

この記事へのトラックバック一覧です: 池ノ谷主計城跡(兵庫県丹波市):

« 半田城館跡(京都府南丹市) | トップページ | 外見からその全貌が窺える!西野々砦跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ