« 能勢垂水城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 下見砦跡(大阪府豊能郡) »

2012年7月13日 (金)

丹後田原城跡(京都府宮津市)

この城跡は京都府宮津市田原にあって、以前自身が踏破した上で、別の地(向側の丘陵上)を田原城跡としてリポートし、後で誤認した事が分かった城跡でもあるが、誤認した地は築城環境やそれと分かる切岸、あるいは段状になった削平地から、自身が覗いた限り城郭遺構と確信が持てた事から、「お知らせ」の中で(仮)東田原城跡と訂正した事があったが、今回訪れたのは、遺跡として公的に認知されている本来の田原城跡という事になる。城史に関しては小出左京進の居城が伝わっているが、詳細は不明。

1route_1 登城ルート

5 城跡遠望

6 進入口

城跡を訪れるには、国道178号を経由して向かう事になるが、既にリポート掲載を終えた藪化の深刻化した大島城跡(西郭群のみ)を起点とすれば、位置確認も容易いものとは思われる。田原集落から城跡へ向かうスタート地点は画像を拝見して頂きたいが、山道から直ぐ右手側の丘陵先端部に取り付いて、尾根上の僅かな踏み跡(空堀道を含む)を辿ればよい。明らかに削平地と分かる東出郭群を通過して向かう事になるが、迷わず山上主郭までは辿り着ける筈である。

現状(六月)城跡は、先にリポート掲載を終えた日ヶ谷城跡と同様に藪化も風化も相当進行にあるが、概念図に示したまでが今回踏破した範囲で目に留まった遺構群ということになる。小規模な山上主郭から北尾根上、あるいは東尾根上が城域と察せられるが、特別見応えのある遺構(堀切及び切り立つ切岸)には巡り合えなかった。取り合えず堀切(箱堀)は一箇所確認出来たが、雑木の蔓延る斜面上までは覗く余裕もなかったので、空堀に関してはこの限りではないものと思って頂きたい。

3ta 城跡概念図

12_higasikaku_1 東郭群

14_shukaku_1 主郭の現状

15_kita_hakobori_1 堀切

城跡を個人的に評価すれば、期待した以上に縄張り妙味もなく、更に見応えのある遺構も皆無とくれば、決してお薦めの城跡とは言い難いが、宮津市内にある山城巡りの一環とすれば何とか訪れる理由も生まれて来るのではないだろうか。尚、先に触れた(推察)東田原城跡としたものは、本城と混同する恐れから既にリポート記事は削除したが、山城巡りを数こなしてこられた方には、間違いなく城郭遺構と眼に映るであろうと思われた事から、再びルート図に所在地は示したが、圧倒的お手軽感を加味して是非ついでに覗いて頂きたいと思えたのである。

« 能勢垂水城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 下見砦跡(大阪府豊能郡) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

TAKUさんこんにちは。
ブログ復活、大変喜んでいます。
これから夏の暑さも本番になりますので、体調には充分注意されますように。
さて、今日以前レポートしていただいた堂屋敷南城砦群の内、東砦の遺構を確認に行ってきました。
レポートの通り、東と西側の明確な切岸と北側に続く尾根の堀切を確認してきました。
それとTAKUさんは気を付かれていたと思いますが、堀切に連続して西側に4本の竪堀を確認しました。同行の二人も確認していますのでまず間違いないと思っています。
私がお知らせしました城跡から、深い谷を越えてこの尾根まで足を延ばされて、この東砦を発見されたTAKUさんの見識には同行二人を含め大変感心しています。
以前お知らせしましたように、京都府の城館調査の内北部、熊野郡、竹野郡、中郡、与謝郡、加佐郡が「京都府中世城館調査報告書 第一冊 丹後編」として刊行されました、残念ながら販売はされないようですが。
この城を含む、京都府中部の刊行はまだ先になるようですが。
今後も、城跡の訪問の参考にさせていただきたいと考えています。
よろしくお願いします。

TAKUです、コメント拝見させて頂きました。
再三のお気遣い有難う御座います。
ショウカンさんを始めとした、山城ファンの方の励ましのメールやコメントのお陰もあって、何とか体調も戻り、やっと山城巡りを再開させる事が出来ましたが、もうしばらく腰と相談しながらの城跡巡りは続きそうです。
丹後における中世城館に関しては、ショウカンさんら御一行における調査作業の甲斐あって、今回報告書となって刊行されたそうですが、一山城ファンの私としても非常に喜ばしく思っております。もちろん今後も「山城賛歌」が少しでもお役に立てればと心から願う次第ですが。
堂屋敷城砦群の中の東砦の件ですが、自身縦堀に関しては、直登道中において明瞭なものを南西斜面で一本確認しただけに終わりました。
まだ他で堀切に連続したものが四本もあったとは驚きでしたが、東砦の縄張りも南城砦群の中にあっては、中々侮れないものと考えても良さそうですね。
機会があれば是非再訪したいところですが、あの激斜面を登る事を思えば、中々直ぐにとは行きそうにないのが現実かも、、、
ショウカンさんご自身においても、これから更に暑さの増すシーズンとなりますので、是非体調に気をつけられて、城跡に臨まれるよう願っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/46235113

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後田原城跡(京都府宮津市):

« 能勢垂水城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 下見砦跡(大阪府豊能郡) »

無料ブログはココログ