« 高森支城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 土穴城跡(京都府舞鶴市) »

2012年7月25日 (水)

四本の空堀が見所! 丹後大島城跡(京都府宮津市)

この山城は、数年前既に登城ルート図のみのリポート掲載は終えていたが、訪問後における山城ファンの方からの情報により、本来の本郭群はほぼ単独で聳える形の東側の峰にある事が分かった。もちろんその時は地元の方アドバイスのまま西郭群を山上本郭として訪れたのだが、堀切と山上削平地を確認しただけに終わり、深刻化した藪に阻まれて、全体踏破も縄張りも把握出来ないまま帰路に着いた苦い記憶だけが残っていた。まさか東峰までに城域が及ぶものとは思ってもいなかったが、今回はやっと念願でもあった、東本郭群を踏破した上での現況リポートという事になる。

城跡は京都府宮津市大島にあって、大島集落の北東側から海に突き出した急峻極まりない崖上地の、標高131m山頂に位置しており、当時は本郭群の南西側(白山神社側)に大手があったものと伝えられている。城史に関しての詳細は、白山神社境内にあった案内板の画像をそのまま載せたので画像をクリックのこと。

1_1 登城ルート

6tozannguti_1 直登入山口

1 現地案内板より

1_3 城跡概念図

城跡を訪れるには、先にリポート掲載を終えた田原城を起点とすれば、そのアクセス方法は分かり易いと思われる事から、今回は割愛させて頂くが、ルート図と画像を参考にして頂きたい。直登入山口は海沿いの道路脇からで、鉄梯子(傍に駐車可能スペースあり)を利用して尾根先端部に取り付く事になるが、尾根上に達すれば踏み跡も僅かに残っており、藪漕ぎもなく迷わず辿り着ける(主郭まで10分内)筈である。

城跡の形態はほぼ概念図に近いものと思って頂ければ良いが、案内板に描かれた縄張り図の全てを踏破して、遺構を判別確認した訳ではないので、残存遺構も決してこの限りではないものと思って頂きたい。見所遺構は概念図を参考にして頂きたいが、上り土橋付き空堀(浅い)を除けば、草木の蔓延らない全体像の拝める三本の堀切、及びそれに伴う縦堀などの空堀は、全て見応えのあるものであり東郭における土塁と並んで決して見逃してはならないだろう。地形に任せて山上を削り出し、直線的に郭を並べただけに終わっている城跡に、縄張り妙味までは求められないが、未だフラットに近い規模の大きい主郭に佇めば、充分臨場感も味わえ、山上本郭群の東西に施された堀切間を歩き回れば、その規模(比較的大きい)も縄張りも、充分把握する事が出来るだろう。

9_toutan_horikiri_4 東端堀切見所

13_higasikaku_dorui 東郭内の土塁見所

17_naka_daihorikiri 中大堀切見所

20_shukaku_1 主郭

22_karabori_dobasi_1 土橋付き空堀見所

23_tatebori 明瞭な縦堀見所

25_2maru_1 二ノ郭

28_nisi_horikiri_2 西堀切見所

現状城跡は藪化は進行中にあるが、この時期(六月)にも拘らず醜い西郭群とは比較にならない状況(山城として見れば見学し易く良好)にあり、概念図に示したまでの遺構は全て踏破確認可能な状態にあると思って頂いても良いだろう。城跡を個人的に評価すれば、藪化の深刻化した西郭群と併せた訪問が、この山城の本質を探る上での理想とは言えるが、ここでは城域の全てを踏破せずとも、充分この山城の魅力を堪能する事が出来ると感じられた、東本郭群のみの訪問を是非お薦めしたい」と思えたのである。

« 高森支城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 土穴城跡(京都府舞鶴市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

takuさま

今回の遠征でここも訪問しました。
お蔭さまでアクセスは迷いませんでした。でもこの梯子は急でちょっとしたスリルですね。特に降りるときは怖々でした。
確かに尾根に出るまでは道なき道ですが、尾根筋からは踏みあと程度の道が残っていました。

ここの印象はなんといっても美しい堀切ですね。これほどの美しさで竪堀にも繋がる大堀切。2本。
丹後半島でも一位、二位を争う美しさと思いました。
千賀氏の財力を感じました。

併せ、この梯子のアクセスを見つけられたtakuさんに経緯を表します。いつもの事ですが、助かっています。私はそれを辿るだけなので、楽なものだと思ってしまいます。そのパイオニア精神は凄いです。

ありがとうございます。

TAKUです、この山城も踏破されたようですね。
最短距離で山頂に達する事の出来る、鉄梯子の紹介がお役に立てて何よりでしたが、高所恐怖症でもある私にとっては、非常に勇気のいる決断でした。
木々の蔓延る崖ならいくら高所でも何とも思わないのですが、、、今でも美しい縦堀を伴う堀切が思い出されます。
この高い遺構残存度を思えば、是非城址碑でも立てて、これから城跡ファンの方々も訪れ易いように、整備保存してほしい城跡の一つですネ。
折角麓神社に案内説明板があるのですから、、、
宮津市内に山城は30数城あると思うのですが、ヒデさんの事ですから、今回も十数城は踏破されたのではないですか、、、?
自身まだ未訪の山城は五城程度残っておりますが、今年中の訪問は計画にはないのが現状です。

takuさん
コメントありがとうございます。いつも直登激斜面をなんとも思わない(ように私は見える)が高所恐怖症はびっくりです。

はい。今回の遠征では20城回りました。もう一つ印象に残ったのがあるのでもう少しお付き合いください。

今日は鳥取の友人と飲む為に鳥取県の山城巡っています。
今ホテル着きました。明日は途中なので京丹後市を回ろうと思っています。未訪問は全部回れませんが、感謝の気持ちを込めてです。こちらの方も印象に残った分を投稿しますので、お待ちください

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/46447370

この記事へのトラックバック一覧です: 四本の空堀が見所! 丹後大島城跡(京都府宮津市):

« 高森支城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 土穴城跡(京都府舞鶴市) »

無料ブログはココログ