« 四本の空堀が見所! 丹後大島城跡(京都府宮津市) | トップページ | 荒張城跡(京都府舞鶴市) »

2012年7月28日 (土)

土穴城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市久田美にあって、既にリポート掲載を終えた池田日向城から見れば、直ぐ真北側の丘陵先端部に位置しているが、個人的にこの城跡の存在は、京都府在住の山城ファンの方の情報により後から知った事もあって、池田日向城と併せた効率の良い訪城とはいかなかった。今回は志高砦を含めた山城巡りの一環として立ち寄る事になったが、取り合えずその現況をリポートさせて頂いた。

城跡を訪れるには、先に触れた池田日向城を起点とすれば、その位置は一目瞭然ともいえるので、アクセス方法は割愛させて頂くが、国道175号「志高」の信号からは、登城ルート図の赤線を辿れば分かり易く辿り着けるだろう。「岡田下小学校」を過ぎれば、直ぐ目に留まる小さな墓地が直登入山口となるが、その背後を上れば、直ぐにでも三段帯郭の切岸が迎えてくれる筈である。

1_1 登城ルート

Enbou 城跡進入経路

1_2 城跡概念図

城跡の形態は、削平されただけの小規模な主郭を最高所に置き、西側斜面に帯郭を重ねたものであり、規模から考えても砦、あるいは出城の域は出ないものと思って頂いてもよいだろう。その中で見応えのある遺構は皆無に近いが、その背後の痩せ尾根鞍部を削り落とした土橋地形、あるいは帯郭の直立に近い切岸などは、何とか見学者の眼を楽しませてくれるだろう。空堀の類は斜面上には見止められなかったが、北側斜面の二箇所における谷状地形は、個人的には人為的な大空堀の様にも眼に映った、、、謎

7_dankaku_heki_1 西帯郭切岸

8_obi_dan 西帯郭

10_shukaku_nisi_gedan

13_shuaku 山上主郭

15_higasi_dsobasi_tikei 東土橋地形

現状(七月)城跡は、藪化はそれなりに進行しているが、見学に差し障るまでには至っておらず、概念図に示したまでが踏破した範囲で目に留まった、数少ない遺構群という事になる。城跡を個人的に評価すれば、池田日向城と同様に、「見応えのある遺構は皆無」と言っても過言とは思えないが、まだ未踏に終わっている、両城の東背後山頂に築かれた池田谷城、あるいは志高城などと併せた訪問とすれば、何とか訪れる理由付けにもなるのではないだろうか、、

« 四本の空堀が見所! 丹後大島城跡(京都府宮津市) | トップページ | 荒張城跡(京都府舞鶴市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/46471322

この記事へのトラックバック一覧です: 土穴城跡(京都府舞鶴市):

« 四本の空堀が見所! 丹後大島城跡(京都府宮津市) | トップページ | 荒張城跡(京都府舞鶴市) »

無料ブログはココログ