« 痩せ尾根上の郭を二連の堀切で守備 日内城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 日ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

2012年6月 3日 (日)

TAKUよりお知らせ

私事になりますが、ぎっくり腰の再発、慢性化した腰痛、あるいは膝痛、更に黄砂を伴う重度の花粉症によって、四月より長らく山城巡りを断念する日々が続いておりました。

お蔭でブログ開設以来、ほぼ隔日更新していたブログ更新もついに途絶え、今まで「山城賛歌」を日々楽しみに拝見して頂いていた方々にとっては、非常に残念な結果となっておりましたが、回復の見込みのない花粉症はさておき、腰痛の回復(70%)までにはやっと漕ぎ着ける事が出来ました。その間励ましのコメントを頂戴してきた方々、あるいは安否を気遣いメールを頂戴してきた方々には、随分ご心配をおけしたものと、非常に心苦しく思っている今日でもあります。

取り合えず六月より山城巡りも再開する事が出来ると思いますが、腰や膝と相談しながらの、低山を中心とした城跡巡りになりそうです。腰痛においては100%の回復は望めない事もあって、当然現況リポート数も以前より減るとは思いますが、どうぞご理解して頂ければ幸いです。

私同様、膝や腰に不安を抱えたまま山城巡りを続けている方も少なからず居られる事と思いますが、これから到来する暑さに備えた体に優しい訪城プランは是非必要かと心得ます。六月中旬頃には、ぼちぼちリポート掲載を再開するつもりでおりますが、楽しみにして頂ければ幸いです。

« 痩せ尾根上の郭を二連の堀切で守備 日内城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 日ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

城跡」カテゴリの記事

コメント

TAKUさんこんばんは!猪名川町のイッシーです!お身体が回復されたそうで何よりです!またTAKUさんの山城跡レポートを本当に楽しみにしています!あとお話は変わりますが南丹市園部町半田にある半田城館跡の場所ですが国道477号線を北上して半田地区に入りますと左側に半田文化センターがあります。その半田文化センターの手前に左側に入る道がありますのでそこを左折してください。左折しましたら真正面に見える山が半田城館跡がある山です!突き当たりがT字路になっています!取り付き口はT字路を右折して直ぐに左側に農道がありますのでそこを進入しましたら左手に山に入っていけます!そこから入っていきますと櫓台跡が迎えてくれます!長々とコメントしましてすいません!!これからも心から応援致しております。

TAKUです、イッシーさん励ましのコメント並びに城跡へのアクセス法の詳細まで、ご丁寧に有難うございました。
城跡は丘陵上に位置していると見受けられますので、腰や膝に負担もかからず上れそうに思えます、、、近いうちに立ち寄る予定でおります。
六月は丹後の山城の訪城からスタートする予定でおりますが、バイクの移動を常としておられるイッシーさんにとっては、残念ながら余り縁のない地域かも分かりませんね、、、

TAKUさんこんばんは!コメント本当にありがとうございます!丹後地方の山城跡はなかなか探訪できないのが現状です!今のところTAKUさんのレポートで拝見しました南丹市園部町小山東町の小山城跡の近くに小山館跡がありました!一度探訪しましたが神社敷地内に土塁にも見える土盛り跡がありました!神社背後の山には探訪していませんが館跡遺構があると確信しています。また探訪しましたらご報告させて頂きます!丹後地方の山城跡のレポートを大変楽しみに致しております。

更新がストップしていた背景には
身体の不調があったのですね。
でも、回復に向かっているとのこと、よかったです。
無理せず、ボチボチと城攻めを楽しんでください。
リポートも無理せず、ボチボチアップしていってください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/45483530

この記事へのトラックバック一覧です: TAKUよりお知らせ:

« 痩せ尾根上の郭を二連の堀切で守備 日内城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 日ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

無料ブログはココログ