« 角部砦跡(三重県伊賀市) | トップページ | 下ノ館と上ノ館の二城で成立した城跡 阿波氏城跡(三重県伊賀市) »

2012年3月25日 (日)

状態、遺構残存度、見応え共に賞賛に値する山城 九太夫城跡(三重県伊賀市)

城跡は三重県伊賀市中馬野にあって、谷間に重なり合う中馬野集落西側山腹に位置している。城史に関しては、先にリポート掲載を終えた福持氏城と同様に、福持氏の居城が伝わっているが、福持九朗(九太夫)の居城である事から「九太夫城」と呼ばれている。こちらが福持氏本城と言えるのかも知れないが、縄張りを共有している福岡氏城も併せれば、規模は比較的大きい部類に入るとは思われる。

城跡を訪れるには、先に触れた福持氏城を起点とすれば分かり易いが、県道2号線をそのまま北進すれば、目印とした「中馬野バス停」、あるいはその傍にある児童公園までは迷わず辿り着けよう。バス停から谷奥に突き出した形の福岡氏城は既に望める位置にあるが、城跡までの進入経路は、ルート図及び概念図を参考にして頂きたい。民家最奥より谷沿いの山道を少し上れば、右手に小さな沢を挟んで、福岡氏城の外壁となる切岸と堀切は、直ぐに目に飛び込んで来るが、この直立する切岸は中々上り難いので、少し谷沿いを上った付近から沢を跨いで、九太夫城を先に目指した方が良いかも知れない、、、

1route 登城ルート

3tojyouguti 進入経路

3z 城跡概念図二城の形態は概念図を参考にして頂きたいが、住宅直ぐ背後の尾根先端部に位置するのが福岡氏城、その背後に施された見応え状態共に抜群の空堀(横堀)から、更に西側尾根を上った先にあるのが九太夫城となっている。どちらも方形居館跡と呼べるものであり、高土塁はどちらにもしっかり備わっているが、福岡氏城の土塁は、後世において明らかに北側と東側の土塁が消失した痕跡が見止められた。

現状(二月)城跡は、一帯が間伐の行われた植林地にある事から、山城としては低草木も蔓延らず、歩き回りやすく、非常に見学し易い状況にあると思って頂いても良いだろう。

Photo 福岡氏城の外壁見所

1 福岡氏城の空堀素晴らしい!

2 福岡氏城主郭内

ここでは当時の縄張りがほぼ完存に近いものと見受けられた、九太夫城に重きを置いて現況報告させて頂くが、主郭四方を廻る土塁は一部が欠けた様子もなく、ほぼ完存に近い形で残っており、その西背後に施された大空堀と並んで、城跡にあっては最大の見所遺構となっている。当然見応えも抜群であり、間違いなく見学者の期待に応えてくれるものと、自分の目には映ったのである。自身が踏破した範囲内で目に留まった見所遺構は、全て概念図には示したが、虎口跡、土塁郭と化した背後に低土塁を伴う見張り台、土塁内壁に僅かに露見した土留め石らしき石積跡土塁内外壁を形成する切り立つ切岸、北、東、南側に僅かに窺われる薄い空堀跡などが挙げられるが、これを機に訪れる用意のある方には、どれも見逃せない遺構と感じられたので、取りあえず全て押さえて頂きたい。

6_higasi_isi_1 謎の石垣跡

12_higasi_karabori 東空堀跡見所

14_koguti_nai 土塁虎口見所

28_koguti_gawa_dorui 主郭内の土塁見所

26_dorui_naiheki 高土塁内壁見所

20_hori_dorui_saikousho 西端角の堀切見所

18_haigo_dorui_karabori 大空堀見所

29_dorui_isi 土塁底部の石積跡見所

城跡を個人的に評価するのであれば、遺構残存度の高さ、縄張りの掴み易いコンディションの良さ、遺構の見応え、見学のし易さ、これだけの材料が揃えば、間違いなくお薦め出来る城跡の一つという事にはなるが、とにかく背中を押してでもお薦めしたい城跡の一つ!と思って頂いても良いだろう。

« 角部砦跡(三重県伊賀市) | トップページ | 下ノ館と上ノ館の二城で成立した城跡 阿波氏城跡(三重県伊賀市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

takuさん

先日の伊賀市訪問時にはこのお城も訪問しました。
伊賀市の中でも山間部にもあり、ここまで攻めてこないだろうと思うものの、更に民家横から少し比高あり、そんな中でダイナミックな方形の館跡は素晴らしいの極致でした。
石積みが空堀に4か所ありましたが、当時のものとすればすごいですが、謎は同感です。

伊賀の乱では織田勢の前に壮絶な討死にあったと云われがあるので、ここはその拠点の一つは間違いないような気がします。いろんな歴史小説で伊賀の乱が登場してきますが、その小説の文章が思い出されました。
この山間でこれだけの高い土塁を構築するには相当の財力が必要だったと推察されます。

私ごとですが、昨日仕事納めで昨日の最終便で留守宅の東京に戻ってきました。

自身の備忘エクセルを整理しているのですが、
今年は現時点で758城訪問しました。明日は近場の神奈川県を訪問するので、760城は超えると思います。
昨年の自身の登城記録の705城を大幅に更新してしまいました。
そのうち近畿地方は(三重県を含む)
405城訪問しておりました。いつ転勤になるかわからないので、今の内にと思って毎週のようにどこかでかけました。405城址の内、おそらく半分ぐらいは登城に際し参考にさせて頂いたと思います。とても正確な記録に改めて感謝します。

私はその跡を辿るだけですが、前人未到に近いマイナーな山城の記録を付けるtakuさんには改めて頭が下がる思いです。

又私のへんてこりんなハプニングにもおつきあいして頂きありがとうございます。記憶をたどると
・肉離れ事件での励まし
・うりぼう
・メガネ壊れ事件
・財布落とし事件

激斜面との戦いの中で私の今年のワースト(ベスト?)3は(基準は2度と上りたくないような悪条件がそろうが、達成感十分)

・原城址(舞鶴市)
・竜ヶ城址(福知山市)
・大山城址(神埼郡)
です。

又来年も数々の激斜面、マイナー城郭を挑戦できることを楽しみにしております。

最後になりましたが、
よいお年をお迎えください。
本当にありがとうございました。
来年も怪我なくご活躍を祈念しております。

私は近畿地方の城址は1月9日にゴング開始予定です。

ヒデさん、又木谷城コメントも同時拝見させて頂きました。それにしてもこの山城の空堀も見事でしたが、土橋の見事さは特筆ものでしたね。これだけ明確且つ明瞭なものは中々拝めないのではないでしょうか。
この九太夫城も遺構残存度は高く、見応えのある空堀も高土塁も非常に印象に残っておりますが、私にとっては今でも脳裏に焼き付いている、伊賀においては、あらゆる意味で間違いなくベスト5に入る山城の一つです。
このところヒデさんの訪問後のコメントもあってか、赴かれた山城のファイルをPCから取り出して、その時の状況を思い出しながら、再び余韻に浸るケースも多く、別な意味で新鮮な感動を味合わせて頂いております。
ヒデさんがここまで山城に深く傾倒されている方だとは、思いもよりませんでしたが、年間750城以上の訪問には感服致しました。これからもチャレンジ精神で、体力と探索意欲が続く限り、山城巡りは続けて頂きたいと思います。
今年もブログがお役に立てて嬉しい限りですが、ヒデさんのコメントは私にとって大いなる励みとなっております。
来年も同じ感動をヒデさんと共有出来れば幸いです、どうぞよいお年をお迎えください。

takuさま
五月雨的に恐縮です。昨年のへんてこりんなハプニングの情報共有をもう一つ忘れました。
鼠取りですね。
どんないい城址と遭遇しても、これ一発でむなしい城訪問となるので、沢山城址巡りをしたいので、急ぐ時こそ、地元に入ったときは無理な追い越しをせず、
「郷に入っては郷に従う」を遵守して、後味よい思い出を残したいと思います。思いっきりぶっとばしても精々5分ぐらいしか到着は変わらないと思うので。

これだけ運転しているとこれも必要経費という見方もできるかもしれませんが 、経費よりもあの空しさは過去何でも味わっていますが、味わないことに越したことありません。

何の自慢にもなりませんが、小生過去免停を5回(3回は一発スピード、2回は累積)食らっており、国庫には貢献している自負あります。

それはそれこれはこれという意識で安全運転にも気を付けたいと思います。
  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/44360961

この記事へのトラックバック一覧です: 状態、遺構残存度、見応え共に賞賛に値する山城 九太夫城跡(三重県伊賀市):

« 角部砦跡(三重県伊賀市) | トップページ | 下ノ館と上ノ館の二城で成立した城跡 阿波氏城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ