« 主郭周囲を廻る低土塁と楚々とした佇まいが見所 行者山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 狭間城/北ノ城/城山城跡(三重県伊賀市) »

2012年2月 3日 (金)

伊賀 春日山城跡(三重県伊賀市)

城跡は三重県伊賀市川東にあって、その名が語る様に「春日神社」直ぐ背後の、宮山と呼ばれる春日山にある。この山城は伊賀にあっては定番ともいえる方形居館跡とは異にするものであり、天正「伊賀の乱」時において、伊賀士豪が連携して抵抗を試みるべく、織田群に対しての急造された山城と伝わっている。

城跡を訪れるには、ルート図を見て頂ければ分かり易いとは思われるが、最寄の名阪国道乗降口は御代IC、あるいは壬生野ICとなるが、どちらで降りて城跡を目指しても数分の距離にある。「春日神社」へ到着すれば、社殿左側背後から直接丘陵上を目指して上ることになるが、藪漕ぎもなく5分内で主郭までは辿り着けるだろう。尚、壬生野ICで車を降りた場合、その679号沿いの右手に、土塁が未だに残る居館跡(現在でも住居がある)が目に留まるが、興味のある方が覗く分には、決して無駄足には終わらないものと見た。

1route 登城ルート

7 直登進入口

3_1 城跡概念図

城跡の形態は概念図を参考にして頂きたいが、地形に任せて単純に丘陵を切り刻んで築かれた縄張りプランに、多くの遺構は望めないのが現実でもある。ただ概念図には示していないが、小規模な削平地が南西側斜面に点在していた事から、当時はこの丘陵全てが要塞化されていたものとも察せられたのである。踏破した範囲内で目に留まった主だった遺構は、郭跡を除けば主郭北側に施された連続する横堀、及び土塁虎口らしき地形、東に施された堀切(片側が土橋状)ということになるが、切岸処理は主郭外壁には全て施されており、取り合えず切岸の醍醐味には触れる事が出来るとは思われる。東尾根を断つ堀切は、堀底からの高低差がある事から見応えは充分感じられるが、横堀は蔓延る下草に埋もれて、外見からは少し判別し難く、薄くなった堀底を歩いて初めてそれと分かる程度と思って頂ければ良いかも、、、

12_kaku2_minami_1 二ノ郭南側

13_kaku2_higasi 主郭切岸と二ノ郭

19_higasi_horikiri_2 東堀切見所

18higasi_horikiri 土橋地形

22_shukaku 主郭の現状

24_sita_kita_karabori 横堀跡見所

現状(1月)城跡は、山城としては比較的蔓延る木々が少なく、見て回りやすい状態が自然維持されており、見通しの利く郭跡に佇めば臨場感も味わえ、更に充分当時に思いを馳せる事が出来る状況にある。よって城跡を個人的に評価するのであれば、縄張り妙味までは望めないが、状態が比較的良い事、それに圧倒的お手軽感も加味すれば、「充分お薦め出来る城跡の一つ」、という事にはなるだろう。

Photo 1 679号道路沿いの居館跡土塁

« 主郭周囲を廻る低土塁と楚々とした佇まいが見所 行者山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 狭間城/北ノ城/城山城跡(三重県伊賀市) »

三重県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん今晩は。
行者山城、春日山城のレポート興味深く拝見しました。
行者山城へは、北西の尾根から取りつきかなり大回りをしてたどり着きました。
すぐ下に舗装道路が見え驚いた事を思い出しました。
春日山城は、伊賀では数少ない山城ですが、TAKUさんのレポートに無いのは
伊賀市坂之下の楽音寺城、長田の比自山城ぐらいでしょうか。
もう行かれましたか。
私は今日、主郭を囲む土塁上にある土塁囲みの小郭のある城を探して甲賀市の
上馬杉にある井ノ口氏城に行ってきました。約25m四方の小さな城でしたが、
最近郭の中がきれいに刈りはらわれて楽に見ることができました。
もう一か所は、伊賀市中友生の城山(標高403.2m)山頂にある城山城を見に行きました。
約10m四方の高さ1m(内部は1.5m)の土塁囲みの城です。
きれいな土塁が残っていました。
以前、陣城を追っかけていた時に存在を教えてもらった城です。
伊賀には、陣城と考えています名張市笠間峠の頓比家宇砦(100m離れて3か所の砦)、
名張市八幡の松倉豊後守城、伊賀市寺田の南宮山山頂の遺構、伊賀市伊勢路(青山高原道路の入り口付近)の境目砦、伊賀市青山町阿保の桐之木の城(ここも100m離れて3か所)
以上の5か所は織豊系の陣城と考えていますが、城山城は少し感じが異なりその性格を考える必要があると思います。

TAKUです、ショウカンさんコメント拝見させて頂きましたが、今回も数多くの城跡情報有難うございました。
行者山城は北西尾根側から上られたそうですね、私は遠距離訪問の山城巡りの際には、出来るだけ時間を効率よく使う為に、何時も最短ルートの直登を選択しますが、今回はそれが効を奏したと言えるのかも知れません、、、
コメント文面中にありました、伊賀でも数少ない山城の二城共にまだ訪れておりませんが、何れ訪れてみたい気持ちは持っております。楽温寺城は自身でも全く認識のない山城で、現在所在地すら分からないでいるのですが、また機会があれば場所を教えて頂ければ有り難く思います。
二月に入って直ぐ、旧大山田村に展開される山城を中心に山城巡りを始めましたが、以前ショウカンさんに場所を教えて頂いた堺目砦を筆頭に、羽柴砦や植田氏城、福持氏城(九太夫城)など、数城踏破探索して来ました。
その中でも先に挙げた三城は、見応え、状態、縄張りプラン、遺構残存度共に申し分のないものであり、まだ未訪でしたら是非ショウカンさんにもお薦めしたいと思います。
ただ二月中にリポート掲載に及べるかどうかまでは分からない状況なのですが、、、、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/43842335

この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀 春日山城跡(三重県伊賀市):

« 主郭周囲を廻る低土塁と楚々とした佇まいが見所 行者山城跡(三重県伊賀市) | トップページ | 狭間城/北ノ城/城山城跡(三重県伊賀市) »

無料ブログはココログ