« 天然巨岩を虎口とした、佇まいが最大の見所! 満田城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 東畑城跡(兵庫県神戸市) »

2012年1月24日 (火)

北畑城跡(兵庫県神戸市)

城跡は兵庫県神戸市北区淡河町北畑にあって、ルート図を拝見して頂ければお分かりの様に、「淡河中学校」より山陽自動車道を挟んだ真北側の丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、松井氏の居城と伝わっており、淡河城を居城とした淡河氏により落城した模様

城跡を訪れるには、県道38号線へ進入する事が先決となるが、この県道は既にリポート掲載を終えた淡河城萩原城へ向かう訪問ルートでもあるので、既に訪れた方には分かり易いとは思われる。県道沿いにある「淡河中学校」を目印として目指し、そこから更に西側にある中野商店を越えて、直ぐ右折(三筋目に当たる箇所)すれば良いのだが、県道から城跡へ辿り着く方法は数少なく、土地勘のない方は、迷わずルート図に示した赤線を辿って向かって頂きたい。付近まで到達すれば概念図を参考にして頂ければ良いが、現在便宜上の三ノ郭跡には社殿が建っており、ここまでは参拝道も備わっているので迷わず辿り着ける筈である。

1route_4 登城ルート

7_2 登城口(参拝道)

3kita 城跡概念図

城跡の形態は、ほぼ概念図に近いものと思って頂いても良いとは思われるが、空堀の類は一切備わってはおらず、自然に任せたまま丘陵上を削平し、北側尾根上に郭を並べただけに終わっている城跡と思って頂ければ、これを機に訪れる方には想像も付き易いだろう。自ずと縄張り妙味までは望めないという事になろうが、最近木々が伐採されて、主郭周辺までのほぼ全貌の窺える城跡の佇まいだけは、充分誇れそうに思えたのである。もちろん一部の郭跡では見事な切岸も目に留まるので、これらも充分見学者の目は楽しませてくれる筈である。二ノ郭の入り口に施された屈曲した土塁虎口は、城跡中最大の見所遺構として挙げられようが、近年墓地への入り口として削った可能性があるかもしれないので、見たままを判断して楽しむのが一番良いのではないだろうか。他でも僅かに土塁虎口の痕跡が窺える箇所はあるが、かつて竹薮にあった場所に相当する事から、地表風化もそれなりに激しく、痕跡程度に止まるものでもあり、判断が付き難いのが現状と言えようか、、、

12_kaku3_2 三ノ郭

13_koguti_1 屈曲した土塁虎口見所

15_kaku2 二ノ郭

16_shukaku 主郭の現状

20_dorui_koguti 土塁虎口の痕跡見所

25_kitakaku_heki 北郭群の切岸

26_higasi_heki 北側の見事な切岸見所

城跡を個人的に評価すれば、遺構の見応えや醍醐味までは望めないが、遺構残存度は比較的高いように見受けられた事、ほぼ全貌の窺える城跡の佇まいが素晴らしいと感じられた事、更に圧倒的お手軽感まで加味すれば、自ずとお薦め出来る城跡とは言えるだろう。ルート図に示した、隣接する東畑城のリポートはこの後に予定しているが、これも併せた訪問プランとすれば、更に充実した山城巡りが楽しめそうには思われたのである。

« 天然巨岩を虎口とした、佇まいが最大の見所! 満田城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 東畑城跡(兵庫県神戸市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/43510022

この記事へのトラックバック一覧です: 北畑城跡(兵庫県神戸市):

« 天然巨岩を虎口とした、佇まいが最大の見所! 満田城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 東畑城跡(兵庫県神戸市) »

無料ブログはココログ