« 二本の豪快な空堀と巨大土塁は正に圧巻!野化館跡(京都府南丹市) | トップページ | 常津城跡/和田垣城跡(京都府福知山市) »

2012年1月10日 (火)

吉尾城跡(兵庫県神戸市)

城跡は兵庫県神戸市北区八多町吉尾にあって、六甲北道路「吉尾IC」のすぐ東側の低丘陵上に位置している。城史に関しては、吉尾氏の後、山崎氏の居城が伝わるが、詳細は不明でもある。

城跡を訪れるには、吉尾ICを目指せば迷わず付近までは辿り着けるが、進入口となるのはルート図にも示した、吉尾ICより東側の県道82号の歩道(画像に注目)からで、竹薮から進入すれば、いきなり便宜上の北郭群へ到達出来る筈である。ちなみに主郭までは5分内

1route_2 登城ルート

7 進入口

3yo 城跡概念図

城跡の大雑把な形態は概念図には示したが、現状(12月)城跡全体が常緑樹の多く蔓延る竹薮地にある為、倒竹などによって動き回れる箇所も限られており、取り合えず概念図に示したまでが、竹や木々の隙間を縫いながら、自身が踏破して遺構を確認出来た範囲(主郭周辺のみ)と解釈して頂ければ良いだろう。その中で充分見学する値打ちのある遺構として挙げられるものは、郭跡を除けば郭切岸跡(主郭と二ノ郭)、主郭の北側と東側に施された土塁の付随する空堀(横堀)、土塁虎口跡、溜め井戸らしき空堀地形と限られたものになるが、主郭周りが意外に見通しが利く事もあって、山城ファンを自認する方であれば、誰でも判別確認は容易いものとは感じられた。ただ主郭以外の郭跡などは、どれも長年の堆積物(落ち葉)によって地表は相当底上げされた状態となっており、現状の曖昧な地形からは郭区画も判断出来ず、形状などに至ってはほぼ見学者の想像に委ねられるだろう。

8_dourogawa_kaku 北郭と二ノ郭切岸

15_shukaku_1 主郭の現状

18_higasi_karabori_dorui 東側の横堀見所

22_kita_karabori 北側の横堀見所

22_kita_karabori_dorui_2 北側の土塁、横堀跡見所

23_kita_koguti_1 上り土塁虎口見所

城跡を個人的に評価すれば、四季を問わず見学し難い状況は否めず、北側に延びていたものと思われる縄張りは、県道82号によってほぼ消失したものとも察せられ、当然遺構残存度は低い城跡という事にはなろうが、主郭周りだけに関しては、ほぼ当時の祖形が維持されているものと眼に映った事、深さは失われているが横堀が拝める事、更に圧倒的お手軽感まで加味すれば、山城巡りの移動中に立ち寄る程度、あるいは決して状態は問わない事の条件付きで、藪を苦ともしない山城ファンの方であれば、何とかお薦め出来る城跡といった事になろうか、、、

« 二本の豪快な空堀と巨大土塁は正に圧巻!野化館跡(京都府南丹市) | トップページ | 常津城跡/和田垣城跡(京都府福知山市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/43502237

この記事へのトラックバック一覧です: 吉尾城跡(兵庫県神戸市):

« 二本の豪快な空堀と巨大土塁は正に圧巻!野化館跡(京都府南丹市) | トップページ | 常津城跡/和田垣城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ