« 外見から縄張りのほぼ全体像が拝める貴重な城跡 丹波城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 痩せ尾根岩盤上に佇む小さな山城 岩洲城跡(兵庫県朝来市) »

2011年11月14日 (月)

内記城跡/鶴ヶ尾城跡(京都府京丹後市)

この二城はどちらも京丹後市峰山町にあって、鶴ヶ尾城は丹波地区、内記城は内記地区にあるが、ルート図からお分かり頂ける様に、先にリポート掲載を終えた丹波城から見れば、鶴ヶ尾城は直ぐ西側に位置する低丘陵上にあり、内記城は川を隔てた南東側の低丘陵上にある。城史に関しては、前者が後藤駿河守の居城、後者が白杉主税の居城と伝わっており、細川氏に降ったものか滅ぼされたものかの何れかになるのだろう(推察)、詳細は不明。

城跡を訪れるには、丹波城を起点とすれば分かり易いが、城跡進入口はどちらもルート図を参考にして頂ければ、更に分かり易いとは思われる。

Naikijyou_1 登城ルート

まず鶴ヶ尾城は丹波城のリポート記事中で触れた様に、残存遺構の期待は余り持てないものであり、丘陵上のほぼ半分以上が集合墓地と化し、更に低草木の蔓延る藪化の相当進行した状態は、遺構見学としては楽しむまでには至れず、郭壁随所に切岸跡は窺えるが、現状(10月)踏破した範囲(東端までは踏破していない)では、空堀の類は眼に留まらなかった。取り合えず未踏の部分に僅かに期待が持てるかも知れないが、、、

2 鶴ヶ尾城進入経路

3 進入口

4 集合墓地と化した西郭群

5 本郭群東斜面の腰郭

内記城も相当藪城化しており、概念図に示した山道ルートの終点から藪を掻き分けて中へ進入すれば、直ぐにでも主郭へ到達可能となっているが、とにかく醜い状態にあると思って頂いても良いだろう。現状藪漕ぎしながらでも確認出来た遺構は、丘陵最高所に位置する主郭跡らしき削平地、その北側に施された空堀土塁地形、北側に向いて重なり合う数段の郭跡だけと言っても過言とは思われないものであり、画像を載せた一部の地域を除いては、踏み入る事も出来ず、縄張りはもちろんの事、堀切の有無や土塁の有無も含めて、残存遺構の確認すらままならない状況となっている。冬季訪問に僅かに期待は持てるかも知れないが、年中矢竹の蔓延る地域となれば、それもほとんど期待薄といったところか、、、、

Naikijyou_2 内記城進入経路

Naikijyou_3 進入口

Naikijyou_6北郭の一部

Naikijyou_4 空堀土塁地形

Naikijyou_5 北段郭群

この二城に関しては、今まで城主のはっきりした丹後の城跡で、残存遺構を含めて期待はずれに終わった城跡がなかった事もあって、個人的には遺構見学として相当な期待を抱いて臨んだのだが、踏破も出来ない環境では遺構見学どころではなく、これからも良い方に状態が改善されるとはとても思えず、取り合えず外見から城跡の風情を楽しむしか方法はないのかも知れない、、、残念!(鶴ヶ尾城はまだ踏破可能な状況にはあるが、、)

« 外見から縄張りのほぼ全体像が拝める貴重な城跡 丹波城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 痩せ尾根岩盤上に佇む小さな山城 岩洲城跡(兵庫県朝来市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/42418016

この記事へのトラックバック一覧です: 内記城跡/鶴ヶ尾城跡(京都府京丹後市):

« 外見から縄張りのほぼ全体像が拝める貴重な城跡 丹波城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 痩せ尾根岩盤上に佇む小さな山城 岩洲城跡(兵庫県朝来市) »

無料ブログはココログ