« 八重坂城跡(京都府綾部市) | トップページ | 波美城跡(京都府福知山市) »

2011年10月19日 (水)

上安場城跡(京都府福知山市)

城跡は京都府福知山市三俣上安場にあって、既にリポート掲載を終えた堀越城の川を隔てた真東側にあり、上安場集落の南東側に突き出した丘陵先端部に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、先に触れた堀越城や三俣城を起点とすれば、ルート図からも位置確認は容易いだろう。ルート図の赤線を辿れば、上安場集落までは迷わず辿り着けるが、今回城跡への登城入山口としたのは、集落最奥にある概念図に示した墓地横からで、祠背後からそのまま斜面を左手に斜行しながら上れば、直ぐに当時の空堀道の様にも窺えた山道に合流出来る筈である。そのまま上り切った場所が尾根上の削平地にあたる。墓地から10分内で到達可能

1route 登城ルート

6 入山口

3_1 城跡概念図

城跡は砦と呼ぶに相応しい規模であるが、意外にもしっかりした縄張りプランの下で築かれた事が窺え、現状二段の受け土塁を伴う形の空堀、切岸といったところが判別確認可能な遺構という事になるだろう。登城道として利用した山道(空堀道)は、尾根上が堀切といった分かり易い形状とはなっていないが、一部は斜面の外側に土塁を伴って、それなりに深く掘削された形跡が窺えるものであり、個人的には紛れもなく当時の遺構と眼には映ったが、、、取り合えず見応えは感じられた(画像に注目)ので、当然これも見学の対象とはなるだろう。

10_karabori_yamamiti_4 土塁を伴う空堀道見所

15_karabori1_dorui 空堀土塁1見所

16_karabori2_1 空堀土塁2見所

21_shukaku_1 物見程度の主郭

15_karabori1_dorui_1 空堀から帯郭

現状(九月)城跡の藪化も地表風化も進行中にあり、郭切岸などは堆積物によって非常に曖昧なものと化しているが、空堀跡は一応判別可能といったところか、、、取り合えず自身の目に留まった遺構は全て概念図には記したが、これを機に訪れる用意のある方は、城跡に対しては決して多くを望まない事が肝心、もちろん規模や縄張り妙味は、最初から絶対に問わない事が肝心とはなるだろう。

城跡を個人的に評価すれば、小規模極まりない砦規模の山城ではあるが、福知山市内における城跡巡りの一環として考えて赴けば、短時間で藪漕ぎもなく上れるお手軽感も含めて、「決して無駄足には終わらない城跡」といった事にはなるのではないだろうか。

« 八重坂城跡(京都府綾部市) | トップページ | 波美城跡(京都府福知山市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/41769525

この記事へのトラックバック一覧です: 上安場城跡(京都府福知山市):

« 八重坂城跡(京都府綾部市) | トップページ | 波美城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ