« 波美城跡(京都府福知山市) | トップページ | 大江千原城跡(京都府福知山市) »

2011年10月23日 (日)

一流の縄張りを証明するが如く、無数に刻まれた空堀が見所! 山宮城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は兵庫県豊岡市日高町山宮にあって、標高約250m(比高90m)の低山山上に位置している。城史に関しては、山名四天王の一人として名を馳せ、ウスギ城、竹田城を本城として威を振るった太田垣氏一族、あるいはその家臣かも知れない矢谷氏の居城が伝わっているが、その詳細は不明でもある

最近は個人的にも但馬地方の山城、丹後地方の山城を訪れる機会が圧倒的に多くなっているが、訪問結果から先に述べれば、「この山城は小規模ではあるが、畝状空堀群を筆頭に、堀切や横堀などを含めた空堀の醍醐味に、とことん触れる事の出来る、一流の縄張りが施された、正に一流の城郭の一つ!」と自分の眼には映ったのである。但馬地方における山城で、畝状空堀の拝める山城といえば、丹後の山城に比べれば随分数は少ないが、状態の良い豪快な畝状空堀が拝める伊賀谷城、大江堀城は真っ先に挙げられよう。この山城は地表風化のせいもあってか、先に触れた二城より随分見応えでは劣るが、充分判別可能な畝状空堀群が拝める、但馬地方にあっては貴重な城跡の一つと言えそうにも思われたのである。当然自身における城跡の評価としては、「背中を押してでも薦めしたい城跡の一つ」、と言う事にはなるだろう。現状文献資料の類においての実態報告は、皆無に近い山城の一つでもあるが、戦国大名とも言える垣屋氏の本拠地となる、この日高地方でお目にかかれた事は、単なる偶然とは言えないだろう。

1_1 登城ルート

8_2 社殿からの直登進入経路

1_2_2 城跡概念図

現状(10月)城跡は、藪化も風化も進行中にあるが、郭移動あるいは斜面の移動に差し支えるまでには至っておらず、自身が斜面を上り下りして判別確認した遺構は、全て概念図には記したつもりである。当然くまなく踏破可能な範囲を示したものでもあるが、縄張り妙味を一番感じる事の出来る本郭部北斜面を含めて、ほぼ縄張りの全体像は掴めた計算にはなろうか。冬季訪問となれば更に新しい発見に期待出来るかも知れないが、、、、この城跡の最大見所は、縄張りプランも含めた全てといっても過言とは思えないが、先に触れた畝状空堀群、箱堀を含めた三本の堀切、随所に刻まれた状態の良い縦堀などで、それ以上にインパクトを感じられたのが、主郭北斜面に施された二連の縦堀である。間に縦土塁を挟んで谷まで落ち込む様は、正に城跡の白眉と言えるものでもあり、とにかく「言葉を失うほど迫力のある縦堀」と言えば、これを機に訪れる方の想像も付き易いだろう。

15_nantan_horikiri_1 南端堀切見所

19_minami_kaku_1 南郭

21_horikiri_1 中央堀切見所

30_shukaku 主郭の現状

36_kita_daihorikiri_5 北端大堀切見所

37_2ren_tatebori 二ノ郭東の畝状空堀

43_2ren_tatebori_2 43_2ren_tatebori_1 最大見所二連の縦堀

46_yokobori 北斜面の横堀見所

51_hokutan_2jyuu_horikiri 北端二重堀切見所

城跡を訪れるには、まず国道482号へ進入する事が先決となるが、山宮集落にある山神社を目印として目指せば良い。当然地元で入山口と山道の有無は尋ねたが、概念図に示した沢を渡って上るしか手立てはないとの事でもあり、これから訪れる方は、激斜面の直登ルート(藪漕ぎなし)にはなるが、迷わずこのルートを選択して頂きたい。ちなみに南端堀切までは10分程度、東側の農地からの登城は、山麓に密生する笹薮で極めて困難!

« 波美城跡(京都府福知山市) | トップページ | 大江千原城跡(京都府福知山市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/42172934

この記事へのトラックバック一覧です: 一流の縄張りを証明するが如く、無数に刻まれた空堀が見所! 山宮城跡(兵庫県豊岡市):

« 波美城跡(京都府福知山市) | トップページ | 大江千原城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ