« 江島里城跡/郷ノ口城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 三本の大堀切が見所 久次城跡(京都府京丹後市) »

2011年10月 1日 (土)

丹後では珍しい、高土塁の備わる城跡 二箇城跡(京都府京丹後市)

城跡は京都府京丹後市峰山町二箇(ニカ)にあって、苗代集落から見れば西側の低丘陵上に位置している。城史に関しては、先にリポート掲載を終えた五箇城の出城、あるいは支城と伝わっているが、詳細は不明となっている。

城跡を訪れるには、国道312号へ進入する事が先決となるが、ルート図に示した国道沿いにある石材店を目印として西へ針路変更、その後は赤線を辿って小さな「苗代公民館」を目指す事になるが、ここからは更に概念図に示した狭い生活道を西進して、今回登城口とした小さな神社まで向かえばよい。社殿背後から取り付いて上れば、直ぐにでも城域となる西削平地には辿り着ける筈である。尚、神社には駐車場は備わっていないが、駐車スペースは付近に充分確保出来たので、神社傍までは直接車で乗り付ける事が可能と思って頂いても良いだろう。

1route_2 登城ルート

6 城跡進入口

3n_1 城跡概念図

城跡の形態は、伊賀に数多く築かれた方形館城が直ぐ思い起こされるものであり、主郭二方(北と西)には当然の如く高土塁が廻っている。そのシンプル極まりない縄張りは、ほぼ概念図に示した通りと思って頂いても良いとは思われるが、主郭西土塁背後には、西側尾根(連続削平地)を断つべく二重堀切が施されている。当然この城跡における見所は、この二重堀切と高土塁と言う事になるが、堀切(横堀)が縦堀へ繋がるまでのほぼ全体像が窺える事から、充分見応えは感じられる筈である。ただ惜しむらくは、現状主郭内には多くの低草木が蔓延り、折角の高土塁も木々に阻まれて、その全体像をしっかり拝む事が出来難いことか、、、尚、ルート図には記したが、農地を隔てた東側尾根先端には、明瞭な切岸跡の残る、五郭で形成された小規模な砦跡が窺えたので、興味のある方はついでに立ち寄っても、決して無駄足には終わらないだろう。当然この砦跡を含めたものが、二箇城の本質と見るべきとは思われるが、、、、

12_2jyuu_horikiri_2 堀切見所

22_tate_bori 縦堀見所

20_shukaku_1 主郭の現状

18_nisi_daidorui 西高土塁見所

17_kitagawa_dorui_2 北高土塁見所

24_tatebori_shukaku_heki 北主郭壁と縦堀見所

城跡の現状は、先に触れた通りと思って頂ければ良いが、この時期(九月)でも遺構見学に支障を来たすまでには至っておらず、本郭部周辺だけに限れば、遺構はほぼ完存に近いと見受けられるものであり、縄張りは掴み易く、圧倒的お手軽感も加味すれば、自ずとお薦め出来る城跡の一つと言う事にはなるだろう。ただ遺構が完存に近いとは言っても、主郭東壁を形成する高低差のある切岸(垂直に近い)が、その当時のままの姿なのかどうかは、ほぼ想像に委ねられるものとは思われるが、、、総合評価として付け加えるならば、小規模な城跡ではあるが、丹後にあって高土塁の廻る城跡は珍しいが故に、個人的には魅了されたのと同時に、非常に印象に残る城跡の一つになった事だけはお伝えしておきたい。

3_2 6_2 東砦五段郭の切岸

« 江島里城跡/郷ノ口城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 三本の大堀切が見所 久次城跡(京都府京丹後市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/41536752

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後では珍しい、高土塁の備わる城跡 二箇城跡(京都府京丹後市):

« 江島里城跡/郷ノ口城跡(京都府亀岡市) | トップページ | 三本の大堀切が見所 久次城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ