« トビガタ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 三重大内城跡/三坂谷城跡(京都府京丹後市) »

2011年9月 9日 (金)

小森谷城跡(京都府与謝郡)

城跡は京都府与謝郡与謝野町下山田にあって、ルート図に示した様に、既にリポート掲載を終えた聖谷城、トビガタ城を起点とすれば、その位置も訪問ルートも把握し易いとは思われる。城史に関しての情報は現状皆無に近いものであり、その詳細も不明

城跡を訪れるには、先に触れた聖谷城、あるいはトビガタ城とほぼ同一の訪問ルートとなるので、今回は割愛させて頂くが、直登取り付き地点となる大きな集合墓地は概念図に示した。ルートとしては東側の竹林地(削平地)を通過し、城跡の中枢と目に映った便宜上の南段郭群を経て、更にそのまま山上を目指して上り続ければ、自ずと山上主郭へ辿り着く事になる。主郭から見て南東枝尾根上も城域、あるいは縄張りと察せられた事から、当然好奇心から覗いてみる事になったが、明らかにそれと分かる広い削平地が丘陵上を支配していた。先端部付近の郭跡には段差程度の切岸跡が窺えたので、この枝尾根上もまず城域として間違いないものとは思われる。

1_1_2 登城ルート

4 城跡遠望

1_2_2 城跡概念図

城跡の大雑把な形態は概念図には示したが、堀切は施されてはおらず、山上主郭まで低い段差で無数に重なり合う段郭群が、防備としての要と感じられた。現状この南段郭群は、堆積物(落ち葉)によって切岸は曖昧と化してはいるが、郭跡となる削平地は多少の傾斜は含むが、ほぼフラットな状態が自然維持されており、唯一この地が城跡である事を物語っている。もちろん削平地は主郭を頂点として更に南麓まで繋がっているが、その先端までは踏破していないので、残存遺構も城域も概念図に示した限りではないものと思って頂きたい。

6 墓地への進入路

8_minami_dankaku_gun_1 南郭群

8_minami_dankaku_gun_2 南郭群の僅かな切岸

2 東尾根上の削平地

現状(八月)城跡は、藪化も風化も進行中にあるが、見学に支障を来たすまでには至っておらず、歩き回ればその全体像はほぼ掴める筈である。ただ踏破した範囲内では見応えのある遺構が皆無に近かった事と、未踏の地に余り期待が持てなかった事もあって、探索冥利に尽きる城跡とは絶対に言えそうにないので、これを機に訪れる方には、過大な期待は出来るだけ持たずに訪れて頂きたいのである。

城跡を個人的に評価すれば、今回の現況報告に興味を示された方、初めてこの城跡の存在を知り得た方、あるいは与謝野町の山城に興味のある山城ファンの方だけが、訪城の対象となる城跡ということになるのかも知れない、、、

« トビガタ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 三重大内城跡/三坂谷城跡(京都府京丹後市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/41208155

この記事へのトラックバック一覧です: 小森谷城跡(京都府与謝郡):

« トビガタ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 三重大内城跡/三坂谷城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ