« 丹後 大野城跡(京都府京丹後市) | トップページ | かつてこの地を巡っての攻防が歴史に残る 滝上山城跡(京都府宮津市) »

2011年7月 7日 (木)

丹後 山崎城跡(京都府京丹後市)

城跡は京都府京丹後市大宮町口大野にあって、独立した小さな丘陵上に位置しており、ルート図を見ればお分かり頂ける様に、先にリポート掲載を終えた大野城からはほど近い距離にある。成吉加賀守の居城が一応伝わってはいるが、近世城郭である大野城とは違って、戦国期に築かれた砦(出城)とみれば良いのかも知れない(推察)。詳細は不明

城跡を訪れるには、大野城とほぼ同一の訪問ルートとなるので割愛させて頂くが、大野城からはルート図の赤線を辿れば迷わず辿り着ける筈である。付近に到着すれば道路沿いのどこから取り付いても、数mの距離を上る程度なので、直ぐ主郭までは到達可能となっている。

1_1

登城ルート

4 進入口

1_2 城跡概念図

城跡の形態はほぼ概念図に示したものと思って頂いても良いとは思われるが、小規模極まりないものであり、郭総全長は50mにも満たないものでもある。よって縄張りは掴み易いとは言えるが、現状(六月)地表風化も藪化も相当進行しており、小規模とは言っても低草木が蔓延っているので見通しは利かず、全体像の確認は困難を極める状態にある。その中で判別確認に及んだ遺構は全て概念図には記したが、ほぼフラットな状態が自然維持されている主郭、空堀地形に見えなくもない櫓台との境、虎口かも知れない地形、と言っただけに限られて来るのが現状であり、他の遺構(武者走り、土塁の残欠など)となると中々判別確認はし難く、現状の地形から機能を想像するには非常に困難な状況にあると思って頂いても良いだろう。

6_yagura 僅かな空堀地形

7_yagura_heki_1 櫓台切岸

12_shukaku 主郭の現状

18_kitagawa_kaku 北側の小郭

城跡を個人的に評価すれば、遺構見学とすれば楽しむまでには至れなかったが、史跡見巡りの一環として、大野城見学ついでに寄って見る程度なら、決して無駄足には終わらない城跡と言ったところか、、、

« 丹後 大野城跡(京都府京丹後市) | トップページ | かつてこの地を巡っての攻防が歴史に残る 滝上山城跡(京都府宮津市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/40326526

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後 山崎城跡(京都府京丹後市):

« 丹後 大野城跡(京都府京丹後市) | トップページ | かつてこの地を巡っての攻防が歴史に残る 滝上山城跡(京都府宮津市) »

無料ブログはココログ