« 浦明城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 高土塁を伴う横堀は一見の価値あり! 堂ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

2011年7月15日 (金)

丹後 関城跡(京都府京丹後市)

城跡は京都府京丹後市久美浜町関にあって、関集落北背後の低丘陵上に位置している。城史に関しての詳細は不明

城跡を京阪神側から訪れるには、既にリポート掲載を終えた大井城(一分城)を起点とすれば位置は分かり易いが、国道312号を走り一般道668号へ進入すればよい。そのまま北上を続ければ目印となる「田村小学校」までは難なく辿り着けるが、城跡進入経路となるのは、概念図に示した「関公民館」向いにあるお地蔵さん横の脇道で、この道に任せてそのまま上れば、迷わず丘陵西端部の堀切地形までは辿り着ける(5分内)筈である。

1_2 登城ルート

4enbou 城跡遠望

5_nyuuzanguti 入山口

1_3 城跡概念図 

この城跡の形態を的確に伝えるのは現状を見る限り中々難しいものがあるが、この丘陵上のほぼ全域が削平された広大な空間(郭跡)と思って頂ければ分かり易いかも知れない。したがって内部に郭境となる切岸(低い)が一箇所にあるものの、空堀の類は全く目に留まらず、辛うじて土塁壇らしき高まりが数箇所で目に留まるだけで、この地形が当時のままのものとすれば、広大な郭跡と並んで唯一城跡を感じさせてくれるものと言えるのかも知れない、、、もちろん内部には空堀状(窪地)になった大手と見受けられる虎口跡らしき地形もあるが、この地を後世における神社敷地と考えれば、これらを当時の遺構とするかどうかの判定は中々下せそうにないのが現実とも言えそうである。個人的に一番城跡らしく感じられた場所は、山道の到達地点でもある堀切地形から西端まで連なる非常に小規模な郭群で、ここでは僅かな空堀跡や、櫓台らしき切岸を伴う土塁郭が唯一城跡らしさを感じさせてくれた。本来はこの西郭群が関城と呼ばれる本郭群なのかも知れないが、調査後の結果まではリサーチしていないので、確かな縄張りや当時の城域までは分からずにいるのが現状でもある。

16_koudai_sakuheiti_1 低丘陵上全域に渡る削平地

17_doruidan_tikei 内部の土塁壇

10_yagura_3 西郭櫓台地形

12_karabori 西郭群空堀地形

14_nisi_sentanbu_1 西端郭

個人的には落城後に陣城として改修が施された城跡としか見えなかったが、最初からこの様に大味な縄張りを持った城跡であったのかも知れない、、、謎。城跡を個人的に評価すれば、「遺構の醍醐味を感じるまでには程遠い城跡」といった事を踏まえれば、このリポートに少しでも興味を持たれた方だけが訪問の対象となる城跡と言ったところか、、、。

« 浦明城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 高土塁を伴う横堀は一見の価値あり! 堂ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/40209544

この記事へのトラックバック一覧です: 丹後 関城跡(京都府京丹後市):

« 浦明城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 高土塁を伴う横堀は一見の価値あり! 堂ヶ谷城跡(京都府宮津市) »

無料ブログはココログ