« 見応えには欠けるが、戦国ロマンには充分浸れる 浮ノ城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 石屋城跡(兵庫県豊岡市) »

2011年7月31日 (日)

見所満載の探索冥利に尽きる山城 栗山城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は兵庫県豊岡市日高町栗山にあって、既にリポート掲載を終えた森山城から見れば、北西側の低山山上に位置しており、その北麓には現在「大渓寺」が建立されている。城史に関しての情報は現状皆無に近いが、この日高地方一帯は戦国大名とも呼べる垣屋氏惣領家のお膝元にあたる事から、自ずと垣屋氏一族、あるいはその息のかかった武将の城跡という事になるのかも知れない。もちろん推察の域は出ないが、山上尾根に連なる郭群の郭占有面積や、郭壁を全て切岸化して枝尾根全てに堀切を施した様は、多大な労働力を以って築かれた山城だという事を如実に物語っている。

城跡を訪れるには、先に触れた森山城を起点とすればその位置は分かり易いが、今回入山登城口とした「大渓寺」を目印として目指せば良いだろう。城跡へは概念図に示した如く、寺院本堂横(画像に注目)から墓地に繋がる参拝山道があるので、それを利用して山上に向いて上れば、便宜上の北郭群までは直ぐ辿り着ける筈である。主郭は北郭南端に施された堀切背後急斜面(比高15m前後の切岸斜面)を上り切った先にある。

1route 登城ルート

4enbou 城跡遠望

7 進入経路

3_1 城跡概念図

現状(七月)城跡は、実態の分からない知名度に欠ける他の山城と同様に、藪化は当然進行中にあるが、山上郭群には下草や木々が余り蔓延っていない(斜面は藪化中)せいもあってか、意外に見通しが利き、この時期でも遺構見学や郭移動に差し支える事も無く見て廻れる、人の手の入らない山城としては「それなりに良い!」と言える状態にある。概念図に示したものが城跡の大雑把な形態であり、自身が踏破した範囲、更に当時の遺構と判別確認に及んだものという事になるが、この城跡の最大の見所であり特徴となるのは、枝尾根を断つ堀切、主要な郭斜面に施された縦堀(空堀道もあり)、広大な規模を誇る便宜上の東出郭で、ある程度見通しの利く広大な東出郭跡に佇めば、そのただならぬ臨場感には圧倒されよう。堀切に関しては少なくとも五箇所でお目にかかれるが、縦堀に関しては全ての枝尾根を踏破した訳ではないので何とも言えない、、、とにかく概念図に示した限りには決して終わらない、縄張り妙味のある城跡と思って頂いても良いとは思われる。

17_shukaku_touheki_1 二ノ郭と主郭切岸

20_nisi_hakobori_2 西大堀切(箱堀)見所

29_2maru_minami_obi 二ノ郭切岸と帯郭

30_tatebori_1 東段郭群の縦堀見所

35_higasi_demaru_karabori 東出郭の空堀見所

40_minami_dorui_horikiri 南尾根を断つ堀切見所

37_higasi_demaru 広大な東出郭の一部

城跡を個人的に評価すれば、自身が過去訪れた但馬地方における大型の山城で、期待はずれに終わった山城は皆無に近く、この山城も遺構の見応え、縄張り妙味共に申し分のないものであり、期待はずれに終わる事は決して有り得ないと思えた事もあって、当然是非お薦めしたい城跡の一つという事にはなるだろう。既にリポート掲載を終えた出石にある中村城と同様に、これだけの山城が文献資料の類にはほとんど公表されていない事実を思えば、非常に残念な気はするが、今後もこの城跡の祖形が出来るだけ自然維持されて行く事を願わずにはいられない、、、、

« 見応えには欠けるが、戦国ロマンには充分浸れる 浮ノ城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 石屋城跡(兵庫県豊岡市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

Aw, this was a really nice post. In idea I would like to put in writing like this additionally - taking time and actual effort to make a very good article… but what can I say… I procrastinate alot and by no means seem to get something done.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/40977108

この記事へのトラックバック一覧です: 見所満載の探索冥利に尽きる山城 栗山城跡(兵庫県豊岡市):

« 見応えには欠けるが、戦国ロマンには充分浸れる 浮ノ城跡(大阪府豊能郡) | トップページ | 石屋城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ