« 南北二峰に跨る、城域の広い山城 須田城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 丹後畑山城跡(京都府京丹後市) »

2011年6月 7日 (火)

引野城跡(兵庫県豊岡市)

城跡は兵庫県豊岡市引野にあって、北西麓に「大師山自然公園」のある、大師山(標高122m)から西側に派生する尾根先端に位置している。城史に関しての詳細は不明であるが、大師山を縦走する大師道中には「引野城の道標」があった事を思えば、地元では充分認識されている山城と言えるのかも知れない。

城跡を訪れるにはまず国道482号へ進入する事が先決となるが、目印となる「大師山自然公園」を目指して向かえば良い。登山口となるのは当然「大師山自然公園」で、ここから大師道を利用して山上尾根まで上り、そこから西へ少し下れば道標も掲げられているので迷う事なく辿り着けるとは思われる。個人的には城跡が大師山のどこに位置しているのかは見当も付かず、やむなく482号道路沿いからの直登を選択したが、先を急がれる方には後者の直登ルートで、時間に余裕のある方には迷わず前者で向かわれる事をお勧めしたい。

1_1_2 登城ルート

1_3_2 公園から大師道へ

8 道標

1_2_2城跡概念図

現状(五月)城跡は一帯が植林地ということも相俟って、山城としてはこれ以上ない良い状態が自然維持されており、縄張りのほぼ全体像が窺える非常に見学し易い状況となっている。形態は概念図には示したが、ほぼ二郭で形成されたものであり、切岸と並んで唯一の防備機能と思える堀切が東西に施されている。西側の堀切はほぼ横堀に近いもので、地表風化によるせいもあってか浅く、見応えは余り望めないものである。東側の堀切は土橋が付随しているので充分見応えは感じられたが、、、、城域も狭く小規模な為に目に留まる遺構も数少なく、見所を挙げるには苦労させられるが、敢えて挙げるのであれば、山城としてはこれ以上望みようがない、状態の良さを含めた佇まいそのものと言ったところか、、、

11_horikiri_dobasi 東土橋付き堀切見所

13_2maru フラットに近い二ノ郭

20_shukaku_1 主郭の現状

19_heki 主郭南切岸見所

26_dorui_gawa 西空堀

城跡を個人的に評価すれば、ほぼ完存とも思えた手付かずの遺構群、先に触れた見通しが利き全体像が拝めるコンディションの良さ、更に大師道経由で散策気分で臨めるお手軽感を含めれば、遺構自体に見応えは余り感じられないのが現実ではあるが、史跡ファンの方も含めて、一般城跡ファンの方にも是非お薦めの城跡と言う事にはなるだろう。

« 南北二峰に跨る、城域の広い山城 須田城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 丹後畑山城跡(京都府京丹後市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/39959332

この記事へのトラックバック一覧です: 引野城跡(兵庫県豊岡市):

« 南北二峰に跨る、城域の広い山城 須田城跡(京都府京丹後市) | トップページ | 丹後畑山城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ