« 西畑城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 小規模が故に全貌が窺える! 宮本城跡(兵庫県養父市) »

2011年5月10日 (火)

市野瀬城跡(兵庫県三木市)

城跡は兵庫県三木市吉川町市野瀬にあって、東吉川小学校の広い溜池を挟んだ北側の丘陵先端に位置している、当時においては藤田氏の居城が伝わっているが詳細は不明

城跡を訪れるには、中国自動車道「吉川」ICが最寄の乗降口となるが、県道17号を経由して「市野瀬」交差点を右折、その後は目印となる「東吉川小学校」を目指せばよい、506号道路上からは農作地を挟んで既にその郭切岸は窺えるが、道路沿いからは概念図にある溜池ルートで歩いて向かえば、5分内で主郭までは辿り着けるだろう。尚、北側の農道から車で上っても、堀切付近までは直接乗り付ける事が可能となっている。

1_1_2 登城ルート

4 道路から覗いた城跡東側

1_2 城跡概念図

この城跡の形態は、主郭の西側には数mほどの高さで櫓台とも見受けられる小規模な郭が構えられ、その西背後を堀切で断っているものであり、ここまでを本郭群としたならば非常に小規模な城跡と言う事になりそうである。現状主郭の東側には明らかに土塁と見受けられる地形が存在していたが、あまりにも土塁内壁部が垂直にえぐれていた事、あるいは郭内部が水平にあらず傾斜していた事もあって、多少ではあるが当時の土塁、あるいは郭跡とするには疑問が生じた。偶然付近で農作業中にあった土地所有者に、城跡に関して問いただしてみた処、近年郭内部の土は隣接する溜池の堤防を造成する際に相当採取されたそうである、やはり、、、更に城跡の南北(溜池と造成農地)から西側(民家敷地と農作地)に跨る地域も、相当造成による地形改変があったとの事であり、城跡としては現在の堀切までが土のさらわれた主郭と並んで、ほぼ当時の状態に近いものであるとの見解でもあった。もちろん堀切などはある程度埋められたものとも考えられるが、これだけ郭跡及び周囲に地形改変が窺われる以上、本来の姿は見学者の想像にほぼ委ねられるだろう、残念ではあるが、、、

8_shukaku_2

主郭の現状

6_kezurareta_tikei_2 土塁に見えた残土

10_yagura_heki 櫓台切岸

11_yaguradai 櫓台

13_horikiri_haigo_2 背後の堀切

今回は偶然土地(城跡)所有者に出くわしたお陰で、疑問に思えた部分も直ぐに解消する事が出来たが、城跡自体を個人的に評価すれば、遺構残存度は非常に低い城跡と言う事になろうが、圧倒的お手軽感を加味すれば、何とか興味を持たれた方が山城巡りの移動中に立ち寄る程度であれば、訪れる値打ちも充分生まれて来そうには思えたのである。

« 西畑城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 小規模が故に全貌が窺える! 宮本城跡(兵庫県養父市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/38580564

この記事へのトラックバック一覧です: 市野瀬城跡(兵庫県三木市):

« 西畑城跡(兵庫県三木市) | トップページ | 小規模が故に全貌が窺える! 宮本城跡(兵庫県養父市) »

無料ブログはココログ