« 状態が良く佇まいが値打ち 小丸山砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 播磨地方では屈指とも言える城域を誇る 高峰山城跡(兵庫県神崎郡) »

2011年4月 8日 (金)

鍋倉城跡/賀野構跡(兵庫県姫路市)

この二城は何れも兵庫県姫路市夢前町山之内にあって、鍋倉城の形態は山城(丘城)、野構(立船野構)は道路沿いの案内標柱に記されてあった様に、居館として捉えれば良いものとは思われる。「山城賛歌」においては基本的に山城の現況報告を最大の目的とするものであり、今回の山城巡りにおいては自ずと前者の鍋倉城が本命となるが、この城跡は「山之内小学校」の直ぐ北背後の低丘陵先端に位置しており、山上に設置された現地案内絵図に描かれていた様に、その遠く離れた北山上には狼煙台としての郭が備わっていた模様である。名が語る様に本来は鍋倉氏の築城によるものではあるが、その後は長水城の家臣が城主となり城を守った歴史が伝わっている。

1route 登城ルート

7_1 入山口

3_1 城跡概念図

城跡を訪れるには中国自動車道「福崎」ICが最寄の乗降口となるが、県道23号の交差点「前之庄」で針路変更して、山之内集落まで向かう唯一の県道67号へ進入しなければならない。目印となるのは「山之内小学校」で、城跡への登山口は小学校背後にある城址標柱の北側(概念図に示した付近)にある道路沿いにあり、下草で少し分かり難いが朽ち欠けた案内板が横たわっているので直ぐ確認は出来るだろう。10m程度を上るだけなので直ぐにでも主郭が迎えてくれる筈である。

現状(三月)城跡は、児童の為のフィールドアスレチック公園となっており、整備保全の行き届いた山上主郭は非常に見学し易い状態にある。主郭及びその斜面周囲においては木々が伐採されて、見る限り近年整地された程度に終わっているものと感じられた事から、眼にする事の出来る城跡遺構は、ほぼ当時のままが現在に至ったものと解釈しても良さそうには思われた。その形態は概念図には示したが、小規模な山城にありながら土塁を伴う二段の空堀(横堀)、北背後の堀切、縦堀といった具合に、本格的普請の窺えるものであり、学者の目は間違いなく楽しませてくれるものと感じられた。ほぼ全体像が窺える状態の良さも加味すれば、規模さえ問わなければ間違いなくお薦め出来る城跡と自分の目には映ったのである。

12_shukaku_1 山上主郭の現状

14_kita_gedan1_1 北郭1

17_gedan1_heki 北郭切岸跡

22_karabori_dorui_1 空堀、土塁跡見所

27_hokutan_horikiri_1 北端堀切見所

賀野構(立船野構)はルート図に示した「生福寺」に本があったものとされており、赤松氏の構居跡と伝わっている。その東山上は「狼煙山」と呼ばれ防塁、堀割(堀切)が確認されている(城址標柱に記されている)らしく、山城としての機能も一応備わっていたのかも知れない。残念ながらこの狼煙山まで覗く余裕はなかったが、山城として見れば覗いてみる価値はあったのかも知れない、、、現状この賀野構に関しては当時の佇まいの想像すら困難な状態(画像に注目)にあり、赤松氏の築城ともなれば当然石垣跡も期待したが、寺院の敷地周辺の石垣は、個人的には積み直しも含めて全て近世におけるものと見受けられたのである。自ずとどこまでが当時の遺構かまるで見当が付かない状況にあるので、今回はこの城跡に関しての評価はパスさせて頂きたい。

1 道路沿いの城址標柱

Photo 本郭跡の周辺

« 状態が良く佇まいが値打ち 小丸山砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 播磨地方では屈指とも言える城域を誇る 高峰山城跡(兵庫県神崎郡) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/39273040

この記事へのトラックバック一覧です: 鍋倉城跡/賀野構跡(兵庫県姫路市):

« 状態が良く佇まいが値打ち 小丸山砦跡(兵庫県篠山市) | トップページ | 播磨地方では屈指とも言える城域を誇る 高峰山城跡(兵庫県神崎郡) »

無料ブログはココログ