« 小屋谷城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 規模は小さいが見応え充分! 岩戸神社城跡(兵庫県丹波市) »

2011年4月22日 (金)

野村茶臼山城跡(兵庫県丹波市)

城跡は兵庫県丹波市春日町野村にあって、全国的にも非常に数の多い「茶臼山城」を呼称としている。黒井城を遠く北東側に望んだ低丘陵上に位置している環境から考えれば、自ずと黒井城を取り囲む形で築かれた丹波攻略軍(明智光秀軍)における陣城、あるいは付城とも窺えようが、推察の域は出ないものである。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、舞鶴若狭自動車道(無料)を利用すれば良いが、最寄の乗降口は「春日」ICで、そこから先はルート図に示したのでそれを参考にして頂きたい。目印となる大きな溜池付近の道路脇に路駐可能な場所は見つかるので、そこから数十m池に向いて畦道(画像に注目)を歩けば、直ぐにでも堀切が迎えてくれる筈である。

1_1 登城ルート

7 道路沿いからの進入路

1_2 城跡概念図

城跡の形態はほぼ概念図に近いものと思って頂いても良いとは思われるが、南端の堀切から更に南側の集合墓地までの間は、低草木が蔓延る現状(三月)や地形改変の形跡が窺える現状から考えれば、本来の縄張りは非常に掴み難い状況にある。ただ見学対象となる北端の物見から南端堀切までを本郭群と考えれば、それほど見学に支障は来たさないものとは思えたが、、、

城跡の東側は竹林地帯となっている為に、現状地表風化は激しく、凸凹地形から残存する遺構を判別確認する事は非常に困難を極める状況にある。更に主郭の削平は現状を見る限り甘く、切岸ラインも明確なものではないので、丘城なるが故に切り立つ切岸の醍醐味に触れる事は出来ないだろう。その状況の中で見所遺構として挙げられるのは、郭を遮る判別し易い二箇所の堀切、北端の自然岩に囲まれた物見(推察)、櫓台的な土塁壇と、非常に数が限られたものにはなるが、これだけでも充分目は楽しませてくれる筈である。

10_nantan_horikiri_1 南端堀切見所

13_horikiri1_1 主郭側の堀切見所

17_honkaku_bu_kyoseki 郭を遮る巨石見所

21_kita_yori_shukaku_yagura_1 櫓台的な土塁壇

23_shukaku 主郭北側

26_hokutan_kaku 北端物見見所

城跡を個人的に評価すれば、圧倒的お手軽感と二本の堀切見学だけで充分訪れる値打ちはあるものと感じられたが、規模や縄張り妙味は最初から決して問わない事が前提とはなるだろう。人家や農地が直ぐ傍まで迫った状況の中で、これだけの遺構がまだ手付かずの状態で残っていた事が、とても信じられない気持ちである。

« 小屋谷城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 規模は小さいが見応え充分! 岩戸神社城跡(兵庫県丹波市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しく拝見させていただいてます 茶臼山は 道路を挟んだ南側の小山と聞いており山上と山裾に郭跡が ありますよ

TAKUです、情報のご提供有難うございました。
確かにハクサイさんご自身の認識は正しいものであり、言われる様に「茶臼山」自体は背後にある小山と思われますが、本来茶臼山城と呼ばれる城跡自体は、以前より丹波の山城に詳しい方の情報、あるいは色んな外部情報によって、私自身はこの低山から派生する北低丘陵上にあるものと認識しておりました。
自身が兵庫県の遺跡として認識されている茶臼山城の城域や縄張りを詳しくリサーチした訳ではないので、現状どちらがどうとは言えないのですが、小山を山上詰城と考えれば、その北側の丘陵上に位置するものが、堀切などが施されているように、主郭と考えても良さそうには思われます。
よって茶臼山城を、道路を跨いで南北に渡る城域の広いものと心得れば、本来の茶臼山城はそのどちらであろうと、城跡を追求する上においては、それほど重要な問題ではなさそうにも思われるのです。
個人的にまだ未踏に終わっている、茶臼山と呼ばれる低山には切岸跡の残る削平地が数段ある様には聞き及んでおりますが、私自身は踏破確認しておりませんので、当然自身の見解は推察を含めたものにはなりますが、、、
どちらにしても又機会があれば、詰城(推察)の方にも立ち寄るかも分かりませんが、私自身は一介の山城ファンでもあり、気ままな山城巡りをモットーとしておりますので、更にこの城跡に関して深く追求するつもりは今の所ありません。
これからも「山城賛歌」がハクサイさんにとって、山城巡りの格好のアシストとなれば幸いに思います。是非城跡巡りを楽しんでください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/39406456

この記事へのトラックバック一覧です: 野村茶臼山城跡(兵庫県丹波市):

« 小屋谷城跡(兵庫県姫路市) | トップページ | 規模は小さいが見応え充分! 岩戸神社城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ