« イメージは正に天空の城、山頂には未だ石垣跡 鶴居稲荷山城跡(兵庫県神崎郡) | トップページ | 坂本砦/西脇砦(兵庫県神戸市) »

2011年3月 7日 (月)

近江寺砦跡(兵庫県神戸市)

城跡は兵庫県神戸市西区押部谷町近江にあって、国土地理院地図の中では「トーシン山」と記載されているその山の山上に位置している。近江地区と西盛地区との境界上にあるのか、文献資料によっては西盛城とも呼ばれているようだが、付近にお住まいの年配の方数人に城跡の情報を求めた結果、地元ではその存在すら認識されていない山城の様に見受けられた。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには県道22号へ進入する事が先決となるが、交差点「西盛口」で83号へ針路変更(明石側)、そこからは「JA六甲押部」を目印として進行し、そこを過ぎて直ぐに左折すれば自ずとルート図中にある入山口までは辿り着けよう。入山口からは鉄塔メンテナンス道を利用して上れば、10分内で迷わず主郭までは到達可能である。

1_2 登城ルート

6 入山口進入経路

1_3 城跡概念図

城跡の大雑把な形態はほぼ概念図に示した通りと思って頂いても良いとは思われるが、枯れ枝の隙間を縫っての移動は余儀なくされる状況、あるいは見通しも利き難い化の深刻化した状況(二月)を考えれば、本郭周りだけの探索で精一杯の状況にあるのが現実でもある。その中で特に目に留まった遺構だけを概念図中には示したが、広大な規模を誇る主郭の東側には、長年の風化によって随分深さも高さも失われていると思われた、分厚い土塁を伴う空堀(横堀)、西側には尾根を断つ縦堀に繋がる堀切、おまけに主郭周囲には全て帯郭が張り巡らされており、砦の域を充分はみ出た防備機能には驚きは隠せなかった。もちろん砦規模の山城としての認識から、最初から遺構の期待は捨てて臨んだ事もあるが、、、

19_karabori_dorui_2 19_kitagawa_karabori 空堀、土塁見所

25_shukaku 主郭の現状

23_kitakaku_karabori 北郭の空堀見所

28_nisi_horikiri_dorui_2 西堀切見所

30_kita_obi_1 周囲を廻る帯郭見所

城跡を個人的に評価すれば、前述の土塁、空堀遺構だけが唯一の見所とも言えるが、自然任せで現在まで至った遺構群に関しては、ほぼ完存と目に映った事からも、城跡の遺構残存度は非常に高いものであり、現状を踏まえた上では「藪をものともしない山城ファンの方にだけは充分お薦め出来る城跡」と言う事になろうか、もちろん夏季訪問は出来るだけ避けた方が無難とは思われるが。

« イメージは正に天空の城、山頂には未だ石垣跡 鶴居稲荷山城跡(兵庫県神崎郡) | トップページ | 坂本砦/西脇砦(兵庫県神戸市) »

兵庫(三田~播磨地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/39060213

この記事へのトラックバック一覧です: 近江寺砦跡(兵庫県神戸市):

« イメージは正に天空の城、山頂には未だ石垣跡 鶴居稲荷山城跡(兵庫県神崎郡) | トップページ | 坂本砦/西脇砦(兵庫県神戸市) »

無料ブログはココログ