« 小南山城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 吹出城跡(兵庫県篠山市) »

2011年2月21日 (月)

池田日向城跡(京都府舞鶴市)

城跡は京都府舞鶴市久田美真壁谷にあって、標高132mを最高所とした場合、西側の丘陵尾根先端部に位置しており、その山頂部はまだ未踏ではあるが、池田谷城の名を持つ山城があるらしい事だけは分かっている。自ずと最高所に位置する池田谷城を本郭群とした場合、この城跡はその出城とも見受けられるが、今回は池田谷城までは踏破する余裕がなかったので、この日向城に関してだけの現況リポートとなってしまった。尚、この城跡の南西対岸に位置する丘陵先端部も、久田美城の名を持つ山城ではあるが、今回は踏破する余裕がなかった為に、ルート図には位置だけ記したが、その実態はまだ把握しきれていないのでどうぞ悪しからず。この日向城に関しての詳細は不明

1route 登城ルート

6 城跡進入路

3hi 城跡概念図

城跡を訪れるには、既にリポート掲載を終えた志高城を起点とすれば、その位置は把握し易いとは思われるが、国道175号沿いにある志高神社の東側にある「岡田下橋」を渡った先の左手側に見えてくる丘陵が城跡でもある。概念図に示した石灯篭を目印として向い、そこから山道に任せて丘陵上に上れば、直ぐにでも主郭に到達可能となっている。

9_kaku_2 到達地点の郭跡

10_sita 城跡西側斜面

12_nisikaku2_1 西郭

15_shukaku 主郭の現状

この城跡は外見あるいは形態から窺える様に、砦と呼ぶに相応しい佇まいの城跡でもあるが、安普請で築かれたとみえて、縄張りプランにインパクトや醍醐味の感じられる堀切は存在していない。その形態はほぼ概念図通りと思って頂いても良いとは思われるが、残存遺構としては、郭跡を除けば切岸跡が窺える程度のものである。よって見応えには程遠い城跡と言う事になるので、興味を持たれた方が舞鶴地方の山城巡りの際に、少しだけ寄り道して覗いてみる程度でよいのではないだろうか。本来なら本郭と推察される池田谷城、あるいは隣接する久田美城と併せた訪問が理想なのではあろうが、、、、

« 小南山城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 吹出城跡(兵庫県篠山市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/38503375

この記事へのトラックバック一覧です: 池田日向城跡(京都府舞鶴市):

« 小南山城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 吹出城跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ