« 能座城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 奥垣内城跡(広島県安芸高田市) »

2010年12月23日 (木)

無数に刻まれた畝状空堀群が特徴 牛首城跡(広島県安芸高田市)

城跡は広島県安芸高田市高宮町佐々部にあって、五十貫部集落にある公民館の直ぐ背後にあたる、ほぼ独立した低山山上に位置しており、ほぼ平山城と呼べるものでもある。城史に関しての概略は「現地案内板より」をクリックの事

城跡を訪れるには、後でリポート掲載予定の奥垣内城あるいは仁後城と同様の訪問ルートとなるが、最寄となる高速道路IC乗降口は中国自動車道「高田」で、県道64号から県道4号と経由して、高宮町の中心にあたる「支所前」信号より右折して向かえばよい。そこから1kmも走れば、登城口でもあるルート図に示した公民館までは難なく辿り着けるとは思われる。後は概念図に示した通りに参拝道任せに歩いて向かえば、直ぐにでも山上主郭までは辿り着ける筈である。

1_1 登城ルート

4 公民館手前の道標

1 現地案内板より

3u 城跡概念図

この城跡は城址案内説明版には記されてあるが、畝状空堀を特徴とするものであり、概念図に示した緩い傾斜の斜面上(主郭東側斜面)では、相当数の畝堀にお目にかかる事が可能となっている、ただ現状では下草や数百年レベルの堆積物、あるいは表土の流出によって、地形から畝堀を見極めるには相当信頼の出来得る目が必要と言えそうには思われた。もちろん山城巡りの回数をこなされて来た方にとっては、難なく判別出来そうには思われたが、緩い斜面上とあってか見応えには随分欠けそうには感じられた(非常に残念!)。他では概念図に示した付近で明確な三本の縦堀を眼にする事が出来るが、これは畝堀と並んで城跡にあっては最大見所と呼べるものであり、未だ深さは失われておらず決して見逃して欲しくない遺構でもある。現在、規模の大きい主郭には社殿が建てられているが、地元の方の情報によれば、近年までは畑地となっていたそうであり、この南下段側が御屋敷跡と呼ばれる当時の城主の居住空間であったそうである。ここでは郭をL字状に巡る土塁郭内壁でまとまった石垣跡を眼にする事が出来るが、この郭内外壁で見受けられる崩落石や、随所で窺われる石垣の痕跡などから、御屋敷跡と呼ばれた郭跡の内外壁は、推察も含めて全て石垣で固められていた様にも思えた。

11_shukaku_1 主郭南側

13_yagura 主郭北、櫓台か

35_naka_horikiri 中央大堀切(縦堀)見所

16_doruikaku_heki_isi_1 御屋敷跡土塁内壁の石積見所

19_yasiki_2 御屋敷跡の現状

23_yasiki_gaiheki 南側切岸

38_une_1 38_une_3 外見からは少し判別し難い畝堀見所

現状(11月)山上本郭部を除けば、城跡の状態は非常に醜く、地表は風化で凸凹地形、更に蔓延る低草木がそれに追い討ちをかけており、とにかく荒れ放題と化している。よって概念図に示した様に郭境も判別し難く、地形の変化から縄張りを見極めるには非常に困難を極める状況にある。特に主郭北側(道路側)一帯は土塁らしい地形は目に留まるが、地形から機能を想像するには、楽しさを随分通り越したものとなっているのが現状でもある。城跡を個人的に評価すれば、状態は悪いがこれだけの数の畝堀を眼にする事はそう出来るものでもなく、縦堀も含めた畝堀群の見学だけで、充分訪れる値打ちはあるものと目には映ったのである。

« 能座城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 奥垣内城跡(広島県安芸高田市) »

中国(山陽)地方の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/37955457

この記事へのトラックバック一覧です: 無数に刻まれた畝状空堀群が特徴 牛首城跡(広島県安芸高田市):

« 能座城跡(兵庫県養父市) | トップページ | 奥垣内城跡(広島県安芸高田市) »

無料ブログはココログ