« 豪快な空堀、石垣跡が未だ健在 備後勝山城跡(広島県三次市) | トップページ | 餅耕地城跡(兵庫県養父市) »

2010年12月17日 (金)

姫髪山城跡(京都府福知山市)

城跡は京都府福知山市奥野部にあって、標高406mの姫髪山から南へ尾根を延ばした、高247m地点に位置しており、そのほぼ独立した最高所にある山上主郭からは、南麓まで大きく裾野が広がっている。よってなだらかな山上に位置する山城と思われがちではあるが、山上主郭周囲は極めて険峻な地形にあり、非常に要害堅固な山城とも見受けられた。尚、城史に関しては、この城跡は郷土史に登場する程度の山城でもあり、詳細は不明となっている。

1route 登城ルート

4_tozanguti_1 入山口

3hi 城跡概念図

城跡を訪れるにはルート図には示したが、既にリポート掲載を終えた半田城、奥野部城を起とすれば位置関係は一目瞭然とは思われる。ここでは一番分かり易く入山口まで辿り着けると思われた、国道9号より福知山市内を通過して、奥野部城跡を左手に見ながら赤線を辿る訪問ルートをお勧めしたい。入山するには獣避け高圧電線の備わる山道から進入(画像に注目)して更に道に任せて北上を続ければよいが、途中からほとんど山道も消えるので、適当な箇所を選んで右手側のなだらかな斜面に取り付いて山上を目指せば良いだろう。ただ現状直登斜面上は、木々は少ないが山上に向かうほど激斜面となっており、落ち葉や瓦礫で非常に斜面は滑り易い状況となっているので、足元には細心の注意が必要とは思われる。ちなみに南郭までは20分程度(入山口より)で辿り着ける筈である。尚、下山時においては裾野が広がっている為に、取り付き地点を目指して下山するのは不可能と思われた事から、山上からはとにかく方向磁石を頼りに、南西側を目指して下山する事が大事となる(間違いなく山道と合流出来る)。

10_minami_kaku_1 広い南郭群

8_rogan_yagura_2 露岩を活用した櫓台か見所

18minami_dankaku 18minami_dankaku_2 主郭南段郭群

20_shukaku 主郭の現状

23_higasikaku_yori_shukakuheki 東郭より主郭切岸

現状(12月)城跡は、無名に近い山城とあって多くの期待は抱かずに赴いたのだが、近年人の踏み入った形跡の見受けられない山城としては、動き回りやすく、非常に見学し易い良い状態にあった。古い形態の山城と見えて、堀切を含めた空堀の類は一切目に留まらなかったが、随所で明確に窺われる郭切岸などは、間違いなく眼を楽しませてくれる様には感じられた。概念図に示したまでが自身が踏破した範囲の中で確認に及んだ遺構群でもあるが、山上における郭占有面積は意外に大きいものであり、その総全長は150mに達しそうには思われた。郭群はどれも自然地形に任せて単純に削平しただけではあるが、郭外壁に切岸処理は施されており、状態が比較的良い事からも、その縄張りはある程度掴み易い状況となっている。

見応えのある遺構には巡り合えず、縄張り妙味も全く感じさせない古い形態の山城ではあるが、隠し砦の如きひっそりとしたこの佇まいは、何の期待もせず訪れた事も加味すれば、個人的には間違いなく満足感と戦国ロマンには浸れたのである。

« 豪快な空堀、石垣跡が未だ健在 備後勝山城跡(広島県三次市) | トップページ | 餅耕地城跡(兵庫県養父市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 姫髪山城跡(京都府福知山市):

« 豪快な空堀、石垣跡が未だ健在 備後勝山城跡(広島県三次市) | トップページ | 餅耕地城跡(兵庫県養父市) »

無料ブログはココログ