« 雷神社前館城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 縄張りがユニーク 羽水城跡(兵庫県豊岡市) »

2010年11月12日 (金)

左坂城跡(京都府京丹後市)

城跡は京都府京丹後市大宮町周枳(スキ)にあって、既にリポート掲載を終えた周枳城を起点とすれば、位置関係はルート図を見れば一目瞭然とは思えるが、周枳城の真南側に位置するほぼ独立した低山山上にある。城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、現在郭転用地の一部に「荒塩神社」が建立されているので、それを目印として目指せば分かり易いだろう。家屋の密集する神社入り口付近には僅かに路駐スペースはあるが、住民の迷惑を考えれば余りお薦めはできない。南側の集合墓地付近に墓参用の駐車場があったのかも知れない、、?

1 登城ルート

1_1_2 詳細図及び城跡概念図

5_2 神社

 

この城跡は形態から平山城とも呼べるもので、低山山上部を主郭として一山全体が城砦として機能していたものの様にも見受けられたが、最高所に位置する主郭から裾野に広がる斜面上には、大小併せた無数の郭群がひしめき合っている。低山である為か郭間に高低差は余り見止められず、堀切も現状では目に留まらなかった。よって長年の風化による切岸の曖昧さも含めれば、見応えのある遺構は当然望めないと言う事にはなろうが、近年まで営まれていたものと思われる、民間の屋敷跡地(現状竹林地)、あるいは地形改変は窺われるが、広い集合墓地の一部も縄張りとして取り込めば、山上まで至る郭占有面積には相当なものが感じられたのである。

8_dorui_1 社殿背後

10_shaden_haigo_heki 社殿背後の切岸

14_1 中央部切岸

18_sanjyou_shukaku_1 山上主郭の現状

23_karabori_tikei 空堀地形

25_hokuseikaku 広い削平地

郭を形成する切岸は、近世まで手が加えられたものかも知れないが、社殿背後の切岸屋敷跡地(本来は神社敷地かも?)を形成する切岸などは、鋭角さが未だ保持されている事からも、非常に見応えは感じられた。山上郭群の風化の状態(切岸は曖昧)を考えれば、これらの切岸は唯一城跡を物語るものと言う事にはなるのだろうが、斜面上の一部で空堀地形(画像に注目)が唯一目に留まった防備機能と言う事になるのだろうか、ただこれは個人的に必然性を含めてそう感じられたものであり、決して断定は出来ないので、これから訪れる方の参考程度に、、、

城跡を個人的に評価すれば、堀切や土塁などの様に分かり易い城跡遺構は皆無、更に状態も良いとは言えないので、余りお薦めはし難いが、圧倒的お手軽感も含めれば、この佇まいからだけでも充分戦国ロマンに浸る事が出来ると感じられた事からも、周枳城あるいは小杉山城と併せた訪問とすれば何とかお薦め出来ようか、国道移動中に寄る程度の訪問であれば、決して時間の無駄には終わらないものと見たが、、、。

« 雷神社前館城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 縄張りがユニーク 羽水城跡(兵庫県豊岡市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/37327540

この記事へのトラックバック一覧です: 左坂城跡(京都府京丹後市):

« 雷神社前館城跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 縄張りがユニーク 羽水城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ