« 綾部 中山城跡(京都府綾部市) | トップページ | 栃谷城跡(京都府京丹後市) »

2010年10月10日 (日)

隠れた素晴らしい山城 永留城跡(京都府京丹後市)

城跡は京都府京丹後市久美浜町永留(ナガドメ)にあって、永留集落から見れば西側の台地状になった丘陵に位置している。ちなみに先にリポート掲載を終えた海士城のある愛宕山山頂からは、南側の尾根を経て繋がる南東枝尾根上が城跡でもある。

この城跡は現状情報は皆無に近くほぼ無名に近いとも言えるが、訪問結果から先に述べれば、自然風化に任せたままの手付かずの遺構群の残存度は非常に高いものがあり、規模が大きいので縄張りを把握するには多少時間は要するが、比較的状態の良い遺構群、機能を想像するだけで楽しめる遺構の醍醐味、縄張り変化に富んだ佇まい、更に入山口から5分程度で西端堀切に到達可能な、圧倒的お手軽感を含めれば、正に推奨に値する城跡と自分の目には映った。よってまだ未訪の方には迷わず訪問をお薦めしたい城跡として紹介したい。

1_1 登城ルート

4 入山口

1_2 城跡概念図

城跡を訪れるには先に触れた海士城を起点とすれば、位置関係は把握し易いとは思われるが、ルート図の如く国道312号を走り、永留集落に入る道路の西側の農道より目印となる池を目指して進行すれば、大きな溜池傍の入山口(画像に注目)までは難なく辿り着けよう。この付近は広い農道となっているので路駐スペースは充分確保出来るとは思われるが、ここから確かな山道に任せて上れば、概念図に示した西端堀切までは迷わず到達出来る筈である。

10_seitan_horikiri_2 西端堀切見所

39_shukaku_yagura 主郭、櫓台か

15_daihorikiri_2 主郭西堀切見所

22_shukaku_heki 主郭切岸見所

18_2ren_tatehori_1 主郭北、三連の空堀見所

25_kitakaku 北郭

66_minamikaku_koguti_1 南郭、虎口跡見所

57_dobasi 北東郭の土橋見所

58_2ren_tatehori_koguti_1 土橋に付随する二連の空堀見所

現状(九月)城跡は先に触れたように、植林地にあらずとも、人の手の入らない山城としてみれば非常に状態は誇れるものであり、地表も長年の堆積物あるいは自然風化によって多少荒れた程度で終わっており、概念図に示したまでの遺構はほぼ判別確認可能と言える状態にある。縄張りは主郭を中心として三方尾根に郭が展開されるもので、その郭占有面積も非常に大きい事から、縄張りを把握しながら見学すれば随分時間はかかるが、その中で目に留まる縦堀を含めた堀切、土塁、虎口跡などは、一部その形態が分かり難い箇所もあるが、機能の想像も含めれば、楽しく見て回れる事請け合いの城跡とも感じられた。結果的に池周辺まで繋がる削平地の全ては踏破出来なかったが、城域は相当広いものと目には映った。とにかく郭内は見通しが利くので、佇んだ時の臨場感は抜群なものがあり、切岸及び堀切の醍醐味と併せれば、見所満載の城跡である事だけは疑う余地もないだろう。

« 綾部 中山城跡(京都府綾部市) | トップページ | 栃谷城跡(京都府京丹後市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/36934573

この記事へのトラックバック一覧です: 隠れた素晴らしい山城 永留城跡(京都府京丹後市):

« 綾部 中山城跡(京都府綾部市) | トップページ | 栃谷城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ