« 備後衆山砦跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 尉ヶ腰城/牛河内城跡(兵庫県丹波市) »

2010年10月28日 (木)

井根城跡(京都府綾部市)

城跡は京都府綾部市井根町奥山にあって、井根集落の中にあっても更に北に向かった、屋の途切れる北端の広大な台地上に位置しており、城跡は数軒の民家があるその更に背後の丘陵上に位置している。

城跡を訪れるには、今まで上林川沿いにある山城を数多くリポート掲載して来たが、同様のルートでもある県道1号(小浜綾部線)を利用して向かう事になる。このルートでは以前赤道城をリポートしたが、これを起点とすれば分かり易いとは思われる。十倉に入り赤道城を右手に望んで車を走らせれば、交差点を過ぎて1km過ぎた付近で左折、そのまま北上して井根集落に向かえば良い。後はルート図の如く、台地の南端に設けられた真っ赤な祠のある稲荷神社(画像に注目)を目印として目指し、概念図に記したルートで民家脇からその背後の墓地にある五輪塔を経由し、かつての大師道を利用して山上主郭を目指せば、民家脇からは5分程度で迷わず辿り着けるだろう。

1_1 登城ルート

4 城跡のある台地の遠望

11 進入口

1_2a 城跡概念図

この城跡の形態は、ほぼ概念図に示した通りと思って頂ければ良いが、比較的規模の大きい主郭に付随する帯郭と、南西尾根あるいは登山道中の南尾根上の削平地で成立したものと見受けられる。その中で明確に判別可能な当時の遺構は、郭跡を除けば主郭北背後を断つ堀切と切岸程度と思って頂ければ良いが、この堀切は現在でも当時のままとも思える様な残存状態を誇っており、V字形に掘削された形状は未だに原型を保持している。更に両岸は縦堀にも繋がるものであり非常に見応えを感じる事は出来た。結果的にこの城跡の見所は堀切だけと言っても良いとは思われるが、個人的には地形図から察せられる様に、この広大な台地上(現在では田畑として開墾されている)が城跡の一部として機能していた様にも窺われ、その更なる上部の丘陵上に築かれた築城環境そのものに惹かれたのである。稲荷祠のある台地先端部の削平地(現在観音堂敷地)からは、谷沿いを通して更にその先の集落まで見通せる(物見か?)環境にあり、この高低差のある台地そのものが立派に防備として一役買っていそうにも思えたのである。車道から北側に望める稲荷祠を眺めれば、その先端部は城域としての先端(画像に注目)部に見えなくもない、、、。

15 民家背後の五輪塔

19_minami_one_kaku 南尾根上の削平地

21_shukaku_kitagawa 主郭

31_horikiri_3 見事な堀切

32_horikiri_1 縦堀へ見所

24_heki 主郭南端切岸

城跡を個人的に評価すれば、先に触れたように見所遺構は堀切だけと言っても良いが、上林川のある街道筋から更に北へ奥まった、今でも当時でも辺境とも言える地にあるこの山城は、当時の築城時における立地環境まで考えれば、別な意味で山城ロマンに限りなく浸れそうに感じられたのである。興味を持たれた方には迷わず訪問をお薦めしたいが、縄張り妙味のある城跡ではないので、遺構に多くの期待をしない事が前提とはなるだろう。

« 備後衆山砦跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 尉ヶ腰城/牛河内城跡(兵庫県丹波市) »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井根城跡(京都府綾部市):

« 備後衆山砦跡(兵庫県豊岡市) | トップページ | 尉ヶ腰城/牛河内城跡(兵庫県丹波市) »

無料ブログはココログ