« 岩屋倉谷城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 隠れた素晴らしい山城 永留城跡(京都府京丹後市) »

2010年10月 8日 (金)

綾部 中山城跡(京都府綾部市)

城跡は京都府綾部市中山町城山にあって、「城山」の字名が語る様に、広大な「上宮神社」敷地からその背後に至る、丘陵最高所までが城跡と伝わっている様である。個人的には自然地形なのか当時の巨大空堀なのか判断は出来ないが、それが池に繋がる谷状地形を挟んで西側の丘陵地も探索踏破に及んだが、規模の大きい郭跡(屋敷跡にも窺える削平地)が連なっていたので、城域は相当広域に及んでいたものとも察せられた。もちろんこれらは近世にまで及んだ屋敷跡地(民間を含んだ)とも窺われるものであり、その当時のものがそのまま現在まで至っているものとは思われないが、、、城史に関しての詳細は不明

城跡を訪れるには、国道27号を進行してJR「淵垣駅」を目印として「上宮神社」を目指せば迷わず辿り着けるとは思われるが、ルート図の如く「淵垣駅」手前の信号より484号へ進路変更すれば、城跡の位置する丘陵は直ぐ右手側に視界に入る筈である、ここから目指す神社駐車場までは直ぐの距離にあるので、道順は概念図を参考にすれば分かり易いだろう。

1_1 登城ルート

1_2 城跡概念図

6_jinjya_sikiti_kaku 6_jinjya_sikiti_kaku_1 広大な神社敷地

10_sanjyou_kaku_2 山上主郭の現状

12_kita_kirikisi_1 主郭北側の切岸跡

15_yasiki_e_horikiridou 神社西側の地形見所

19_nisi_yasiki_dan_2 屋敷跡地かも

現状(九月)広大な規模を誇る神社敷地は、近世において造成整地拡張跡が窺えるので、相当地形改変があったとも思われ、当時の城跡の形態はほぼ見学者の想像に委ねられるとは思われるが、丘陵最高所に位置する主郭及び神社敷地までが本郭群であったものと想定出来るかも知れない。主郭は風化も藪化も相当進行して荒れ放題の様相を呈しており、地形からその形状を把握するのは至難の業とも思えた。辛うじて北側に唯一明確な切岸跡は窺えたが、他は長年の風化によって表土は流出し、郭外壁は相当曖昧な地形と化している。

現状この城跡に関しての情報は皆無に近く、発掘調査の有無、あるいは調査後の結果もリサーチしていないので、その実態も城域もはっきりしていないのだが、本来この城跡は形態(堀切、土塁の類は目に留まらなかった)から考えても、とても戦国期を乗り切った城跡の様には見受けられなかった。個人的には館城の性格を持ったものである様な気がしないでもないが、神社西側に展開される地形(堀切道、切岸跡、郭跡、空堀地形)の方がより城跡らしく感じられたのである。

城跡を個人的に評価すれば、見応えのある遺構は皆無に近いものであり、既にリポート掲載を終えた綾部地方の山城巡りの一環として、神社参拝ついでに覗いて見る程度の訪問なら、何とか面目も保てそうには感じられた。

« 岩屋倉谷城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 隠れた素晴らしい山城 永留城跡(京都府京丹後市) »

京都(綾部)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾部 中山城跡(京都府綾部市):

« 岩屋倉谷城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 隠れた素晴らしい山城 永留城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ