« 白髪城跡(京都府綾部市) | トップページ | 女布城跡(京都府京丹後市) »

2010年9月12日 (日)

判明した友重城跡(京都府京丹後市)

この山城は以前「呼称の訂正が必要と判明した城跡」の中でお知らせした様に、無名に近く情報も皆無に近い山城の為、訪問後も追跡リサーチを継続していたが、新たに本来の友重城跡が別に存在する事が分かり、今回は本来(公的資料にある)の友重城跡を訪ねるべく、再びこの地を訪れる事になった。結果としては幸運にも目星を付けた標高約150mの山上において、まず間違いのない友重城跡の遺構と巡り合う事が出来たが、今回はその実態を以前から興味を持たれていた方、あるいはこれから訪れる用意のある山城ファンの方に向けてお知らせしたい。この山城は一色氏の一族でもある氏家氏の居城が伝わるが、後に一色氏家臣でもある小国氏が在城した模様、城史に関しての詳細は不明。

尚、先に友重城跡として紹介した城跡遺構は、確かな呼称を地元で得る事が叶わなかったが、過去概念図に示した様に、堀切などは明確なものが残っているので、充分城跡として認知されている様には感じられるのである。よって地元の郷土史などには載せられている可能性が高いものと思われるが、周辺には更に坂井城なる山城も現存していると聞いているので、その出城の可能性も否定は出来ない(判明するまでは友重北城跡と改訂してリポート掲載は据え置き)。

1_3 登城ルート

5_2 城跡進入路

3t 城跡概念図

城跡は京丹後市久美浜町友重にあって、友重集落の南西背後に聳える山の山頂に位置している。既に友重北城跡を訪問された方なら、ルート図を見れば直ぐにお分かり頂けようが、聴部神社背後の山がそれにあたる。城跡を目指すには「聴部神社」を目印(画像に注目)とすれば良いが、車は道路沿いにある変電所の空きスペースを自己責任において利用させて貰えれば良いだろう。そこから神社を目指して歩き、社殿背後の尾根を西に向いて直登すれば、10分程度(社殿から)で山上南郭に辿り着く事が出来る筈である。ただこの直登ルートは取り付き地点が分かり易く最短とは言えるが、山頂に向いては途中から相当厳しい急斜面、あるいは木々の隙間を縫って登る事になるので、最初にその覚悟は必要かとは思われる。 それほど要害堅固な山城!

16_2maru_heki 二の丸切岸見所

20_shukaku_heki 主郭切岸

22_shukaku_dorui 主郭の現状

22_shukaku_dorui_2 主郭内の大型土塁見所

24_2maru_yori_shukaku_heki 主郭南壁見所

25_daihorikiri_2 箱堀見所

28_nisikaku_karahori_dobasi_1 西郭の土橋付き空堀跡見所

城跡は直登急斜面からは想像も付かないほど、この時期(八月)でも比較的見学し易い状態が自然維持されており、意外に木々が少ない事からも見通しが利く状態にあるので、コンパクトにまとまった縄張り内の遺構は、ほぼ判別確認可能とも言える状況にある。これは人の手が入らない山城としては文句の付けようのない状態とも言えよう。概念図に示したまでが自身が踏破確認に及んだ遺構と言う事になるが、未だ直立に近い形で屹立する切岸は健在、更に土塁の備わる主郭西背後10m以上降りた地点には、見応えのある箱堀が西郭の土塁を付随して横たわっている、もちろんこの遺構群が城跡の最大の見所でもあるが、個人的には急峻な斜面を登ってまで窺うに充分な遺構と感じられた。後でリポート掲載の予定をしている大井城(氏家氏の居城、本城の可能性あり)と比べれば、規模から考えても支城と呼べそうには思われるが、推察の域は出ないものである。

« 白髪城跡(京都府綾部市) | トップページ | 女布城跡(京都府京丹後市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

takuさま
ここも今回遠征で訪問しました。
かなりの確率でtakuさん記憶残っていると思います。
私は鳥居近くに車停めました。2台ぐらいは停めれそうなスペースありました。

激斜面まではいかない藪漕ぎのない急坂ですが適度に木々があり特に下りはターザンのように掴め逆に役に立ちました。

比較的低山ですが数々の段曲輪、主郭と西郭間の大堀切、その手前の土塁は山城の風格充分で大満足しました。

あと珍しく感じたのは主郭の土が赤土だったことで、過去あまり見たことなかったです。
遺構残存度高く、マニアとしては嬉しい城址でした。一色氏家臣の財力感じました。

いつもありがとうございます。

この山城に関しては、アバウトにはなりますが、変電所に車を止めて神社に向かい、そこから山頂までの厳しいルートと共に、その縄張りまでほぼ記憶に残っております。
赤土の切岸までは覚えておりませんでしたが、当時の写真を見れば確かにそのようですね。丹後の山城らしく、鋭角に刻まれた切岸は見事でした。

takuさま
その縄張りまで粗記憶に残っているのは流石です。
多分私もかなりの確率で死ぬまで記憶に残りそうな城郭でした。

今回の遠征でもう一つ印象に残った城址あります。別投稿します。もう少しお付き合いの程お願いします。
異動まで1ヶ月を切りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/36372540

この記事へのトラックバック一覧です: 判明した友重城跡(京都府京丹後市):

« 白髪城跡(京都府綾部市) | トップページ | 女布城跡(京都府京丹後市) »

無料ブログはココログ