« 枝ヶ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 曽根城跡(京都府船井郡) »

2010年9月 2日 (木)

実態が判明した伊久知城跡(京都府与謝郡)

この山城は以前「伊久知城に関して、、」の掲載記事の中でお知らせした様に、何の予備知識のないまま訪れると、敷設された大師道で大師山まで上ってしまうか、あるいは城跡遺構を見学出来ないままに下山するといった、最悪の結果に終わりそうとも感じられた。個人的にはメールでの事前情報から、先にリポート掲載を終えた砦遺構(本郭群と勘違いした)は何とか見学出来たが、これから訪れる方はルート図を参考に、間違いなく城山稲荷神社のある山上主郭まで辿り着ける、城址碑(本来の登城口となる)の西側にある参拝登山道(画像に注目)を利用して上られる事をお薦めしたい。もちろん城址碑経由でも大師道から少し反れて、踏み跡程度の急斜面を上れば到達(10分程度)出来るが、かつての登山道は荒れ放題と化しており、倒木で非常に上り辛いのが現状でもある(それでも山城ファンの方には、南三段郭とその虎口の醍醐味を味わって頂く為に、急峻な此方からの登山をお薦めしたいが、、、)。尚、西側にある参拝登山道は、民家の間から赤い鳥居が直ぐ望める位置にあるので、これを目印とすれば分かり易いとは思われる(此方に城址碑はない)

1_1 登城ルート

Nisi_tozanguti_1 城址碑西側の参拝登山道

1

東砦との位置関係

城跡を訪れる道順に関しては、伊久知(幾地)東砦跡のリポートで既に説明してあるので、ここでは割愛させて頂き、まず訪問結果をお伝えする事になるが、一言で城跡を語れば「連郭式の単純な縄張りプランではあるが、巨大とも言える空堀は縄張り妙味を感じさせるものであり、そのシンプルな形態は豪快極まりない城跡」と言う事になろうか。参拝登山道西側枝尾根斜面にも削平地が数箇所目に留まった(未踏に終わったので概念図には記していない)事からも、東砦を併せた城域は相当広いものであり、一色氏の重臣として活躍した石川氏の当時の勢力は、この山城を覗くだけで充分把握出来そうな気はするのである。尚、既にリポート掲載を終えた石川地区にある石川城も、名が語る様に石川氏の持城かも知れないが、詳細は定かではない。

1_2 城跡概念図

13_shukaku_1 主郭(社殿側)

18_dai_horikiri 東背後の大堀切見所

20_2ren_horikiri_dorui_1 二連の土塁を伴う巨大空堀見所

24_2maru_heki 二の丸切岸

31_dorui_nai_1 西郭1

33_seitan_horikiri 西端の大堀切見所

34_dai_tatehori_1 縦堀に繋がる空堀見所

41_nisikaku2_heki 西郭2切岸

この山城の見所、あるいは醍醐味を挙げるとすれば、先に触れた巨大とも言える空堀群(堀切)が真っ先に挙げられるが、主郭東背後と西郭群を遮る東西に設けられた空堀は、縦堀として相当長く麓まで繋がっており、土塁郭とも呼べる巨大な土塁を含めた様相は、縄張り妙味も含めて見応えは抜群なものと眼には映った。とにかくこの城跡の醍醐味あるいは魅力は、高低差のある堀切壁も含めた空堀群にあると断言出来そうには思われたのである。現状(八月)城跡の地表風化は激しく、郭跡は倒木も重なって荒れ放題と化しているが、郭切岸などには下草も生えていないので、その全体像は把握する事が出来、屹立する切岸の醍醐味に触れる事も充分可能な状況となっている。山上郭群だけを見れば、この時期でも移動見学に差し支えるまでには至っておらず、山上に位置する城山稲荷までは確かな参拝道で訪れる事も出来るので、城跡ファンの方は言うまでも無いが、神社からの眺望が利く事も思えば、史跡ファンの方にも是非訪問をお薦めしたいと思える城跡の一つである。個人的には現状の遺構残存度の高さ、あるいは城址碑の設置から窺える様に、郷土の誇りとも感じられる山城と思われた事からも、今後も城跡遺構を後世まで大事に伝えて行く事を思えば、これからの保全整備は神社敷地だけに限らず是非期待したい処ではある。

« 枝ヶ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 曽根城跡(京都府船井郡) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/36366906

この記事へのトラックバック一覧です: 実態が判明した伊久知城跡(京都府与謝郡):

« 枝ヶ城跡(京都府与謝郡) | トップページ | 曽根城跡(京都府船井郡) »

無料ブログはココログ