« 大畠城跡(京都府綾部市) | トップページ | 京川城跡(兵庫県豊岡市) »

2010年8月 3日 (火)

樽水城跡(京都府福知山市)

この山城は福知山市樽水にあって、谷筋に人家が点在している樽水集落のほぼ南最奥に位置しており、周囲が非常に急峻な低丘陵上にある。当時の城主として樽水縫殿助が挙がってはいるが、詳細は不明

城跡を訪れるには、国道9号を利用して現地に向かう場合、福知山市内に入れば「新庄」交差点で国道429号へ針路変更すればよい。この国道沿いには既にリポート掲載を終えた庄城、半田城、山崎城などが和久川に沿って築かれているので、既にこれらの城跡を訪れた方は、道順としては分かり易いとは思われるが、樽水地区まではしばらく国道に任せて西進すればよい。国道から樽水地区に入るには、分かり易い目印となるものがないので、ルート図から城跡の位置を割り出し、直登開始地点は概念図を参考にして頂くしか手はないが、ルート図には二箇所の分かり易い直登口(画像に注目)を示した。ちなみに最短直登ルートを利用すれば、激斜面にはなるが藪漕ぎもなく5分程度で主郭に辿り着ける筈である。

1_2 登城ルート

6

北からの進入口

5 最短直登ルート進入口

1_2_2 城跡概念図

この城跡は非常に小規模でもあり、形態としてはほぼ概念図に示した通りと思って頂ければ良いが、判別し易い遺構としては、現状(六月)郭跡を除けば主郭南側に備わる堀切だけと言っても過言とは思えないものである。当然遺構の見応えを望む事は出来ず、更に縄張り妙味においては、語るまでにはほど遠い城跡と言う事にはなりそうである。ただ城跡遺構は当時から現在に至るまで、手付かずの風化に任せたままとも見受けられたので、史跡としての価値は高いと言えるのかも知れないが、、、。城跡は小規模な事、あるいは状態も比較的良い事からも見学し易く見て回りやすい状況にあるが、縄張りプランを考えればシンプル過ぎるために見る分には非常に味気なく感じられた。

12_onekaku_kitagawa 北尾根上の削平地

14_nakaku_noboridorui 中郭における上り土塁跡

18_shukaku 状態の良い主郭

20_horikiri 堀切見所

城跡を個人的に評価すれば、城跡の所在地の確認、あるいは以前からどの様な城跡か興味を持たれた方だけにお薦め出来る城跡と言う事になるだろう。

« 大畠城跡(京都府綾部市) | トップページ | 京川城跡(兵庫県豊岡市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 樽水城跡(京都府福知山市):

« 大畠城跡(京都府綾部市) | トップページ | 京川城跡(兵庫県豊岡市) »

無料ブログはココログ