« 公庄下城跡/愛宕山城跡(京都府福知山市) | トップページ | 野条城/畑中城跡(京都府南丹市) »

2010年7月21日 (水)

三江路城跡(兵庫県養父市)

この山城は兵庫県養父市奥米地/丸山にあって、現在は「花と緑の希望王国」と名付けられ、丸山公園として公園化されているが、この公園敷地が城跡でもある。

城跡を訪れるには先にリポート掲載を終えた宮谷城を起点とすれば分かり易いとは思われるが、養父市場集落からは「米地橋」を渡って、米地川に沿う一般道255号へ針路変更、その後は目印として先に触れた「花と緑の希望王国」及び「ホタルの館」を目指せば、迷わず丸山公園には到達出来る筈である。

1 登城ルート

7 城跡進入口

1z 現地イラストマップ

1_2_3 城跡概念図

この城跡は地元の方もご存知とは思われないほどの、限りなく無名に近い城跡の一つでもあり、近年整備されたと思われる公園にも城跡としての案内説明はなかった。非常に残念な事ではあるが、それが故に城跡としての認識がどこまであったものかは想像も付かず、どこまで造成整備されて地形改変があったものかは、全て見学者の想像に委ねられるものと思われた。個人的に踏破した範囲と、遺構と判別可能と思えたものは概念図には示したが、物見程度の規模である山上郭から便宜上の主郭、更に西郭群にかけては整地されてはいるが、ほぼ当時の郭跡を転用したものの様には窺われた。もちろん造成整地されているので、郭境となる現状鋭角なまでに削り落とされた切岸が、その当時のままとはとても思えないが、全体的な縄張りはほぼ当時のままと見てよいものとは思われたのである。

15_shukaku_e 山上郭の背後堀切

12_kita_horikiri_1 堀切見所

17_shukaku 山上郭

23_2maru_1 便宜上の主郭

21_2maru_dorui_1 主郭背後の土塁跡

26_dankaku_sokuheki 西段郭群

その中で明確に遺構として判別可能なものは、郭跡を除けば山上郭東背後に備わる大堀切主郭における土塁(残欠か?)といっただけに限られてくるのが現実でもあるが、他は見学者それぞれが城跡を歩いて体感し、更に想像を膨らませて楽しめばそれで良いものとは思われた。見る限り必要最小限の地形改変(推察)に抑えられたこの城跡は、公園としても史跡見学としても遊歩道が設置されているので、歩き回りやすく非常に好感が持てたのである。

今回訪れたのは日曜日ではあるが、休日にも拘らず公園で見かけた人は皆無でもあり、せめて史跡見学者、あるいは城跡ファンに存在を知って頂く為にも、城跡としての案内板は是非設置して頂きたい処ではある。城跡を個人的に評価すれば、この公園化によって別な意味で城跡ファンの方々も訪れ易くなっており、公園を散歩しながら遺構見学も楽しめば、更に充実した一日が過ごせるのではないだろうか。公園化されても山城としての風情は充分残っており、是非にとは行かないまでも、充分お薦め出来る城跡の一つには変わりは無いだろう。もちろん最初から遺構の醍醐味は期待しない事が前提とはなるが、、、、

« 公庄下城跡/愛宕山城跡(京都府福知山市) | トップページ | 野条城/畑中城跡(京都府南丹市) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/35256183

この記事へのトラックバック一覧です: 三江路城跡(兵庫県養父市):

« 公庄下城跡/愛宕山城跡(京都府福知山市) | トップページ | 野条城/畑中城跡(京都府南丹市) »

無料ブログはココログ