« 直見城跡(京都府福知山市) | トップページ | 塔城跡(京都市右京区) »

2010年6月10日 (木)

関宮 片岡城/愛宕山跡(兵庫県養父市)

城跡は兵庫県養父市関宮町関宮にあって、ルート図に示した様に立地環境からも二城の関連性は充分窺えるものであるが、片岡城を本城とした場合の愛宕山城は出城機能としたものかも知れない。片岡城に関しては名が示す様に片岡氏の居城と伝わっており、櫓台土塁上にはその子孫の方の手によるものと思われるが、片岡家墓碑が建立されていた。当時、秀吉による但馬征伐から難を逃れて現在までに至ったものとも推察されるが、片岡氏に関して記載された文献資料は乏しいものであり、愛宕山城と共に現状詳細は不明である。

二城を訪問する事を前提とするのであれば、まず先に片岡城を訪れることになるが、先にリポート掲載を終えた蛇ヶ尾城あるいは白岩城を起点とすれば分かり易いだろう。国道9号線沿いにある三柱神社の看板の掲げられた、東手前の林道入口からが城跡への進入路となるが、上り始めると直ぐ東側(右手)に望める丘陵先端部が片岡城であり、切り通し(堀切)を通過した林道沿いの画像に示した箇所から向えば、直ぐに城跡へ到達可能である。

1_2_2 登城ルート

5_kiritoosi 進入口

1_3 城跡概念図

6_dorui_1 櫓台へ

8_dorui 墓碑と土塁見所

10_yagura_heki 櫓台切岸見所

11_shukaku 主郭内

片岡城の形態は概念図に描いた様に館城の様相で、主郭背後には大型の櫓台土塁が備わり、墓碑が建立された背後には土塁も備わっている。この更に北背後は本来堀切となっていたと思われるが、現在は林道となり地形改変が窺われるものとなっている。現在主郭周辺は家屋あるいは畑地が直ぐ傍まで迫っており、当時を偲ばせるものは恐らく概念図に示した三郭だけである様にも目に映ったが、他の部分においては見学者の想像に全て委ねられるだろう。

愛宕山城へは、ルート図を参考にして林道に任せてそのまま上れば良いが、舗装林道における最終地点が公園となっており、ここが本来の愛宕山城とされる場所に相当する。現在では画像でお分かり頂ける様に、郭跡地は造成整地が行き届いており、どこまで地形改変があったものかは想像も付き難い状況であるが、先端にある展望デッキからは集落のほとんどが見通す事が出来、この状態は現在と状況こそ違え、当時の人達が見ていた風景と同じものかと思えば、非常に感慨深いものがある。この展望デッキからは白岩城、中瀬城(未訪)、あるいは尼ヶ城(未訪)まで見通す事が出来、当時でも今でも抜群の立地環境を誇っているものと言えるだろう。

愛宕山城の状況

1_42_3 3 

尚、ルート図中に記した岩倉城に関しては、地元で確かな所在地の確認が取れず、今回は推定地としたが、ほぼここで間違いは無いものとは思われる。ただ山上は削平地が残るのみであったが、、、個人的にこの関宮における二城を評価すれば、遺構残存度は低いものであり、想像に委ねられる部分も多いが、圧倒的お手軽感と山城らしい佇まいを考えれば充分お薦めは出来よう。

« 直見城跡(京都府福知山市) | トップページ | 塔城跡(京都市右京区) »

兵庫(但馬地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/34424987

この記事へのトラックバック一覧です: 関宮 片岡城/愛宕山跡(兵庫県養父市):

« 直見城跡(京都府福知山市) | トップページ | 塔城跡(京都市右京区) »

無料ブログはココログ