« 鶴ヶ岡 殿城跡(京都府南丹市) | トップページ | 真野城/土野城跡(京都府綾部市) »

2010年5月30日 (日)

三重城跡(京都府京丹後市)

城跡は京丹後市大宮町三重にあって、三坂谷にある事から三重三坂谷城とも呼ばれている。当時では大江氏の居城が伝わり、城主は代々「大江越中守」を名乗っていた模様であるが、この大江氏も一色氏の下にあったものと思われ、乏しい資料の中では弓木城への参戦が伝わっている。自ずと一色氏最後の砦とも言える、弓木合戦で滅んだ一族であるようには察せられるが、、、詳細は不明。

1 登城ルート

6tozanguti 登山口

1_3 城跡概念図

城跡を京阪神側から訪れるには、国道176号を経由して国道312号へ進入することが先決、付近に目印となる建物や史跡が見当たらないので道順の説明には困るが、コイン洗車場が目に留まる交差点で一般道655号へ進路変更、その後はルート図あるいは概念図を参考にして、登山口となる「六地蔵」(画像に注目)を目指せば良いだろう。付近に小型車なら路駐スペースはあるが、そこからは墓参道で郭転用地と見受けられた墓地まで向かい、その背後に備わる土橋付き空堀から、尾根に沿って連なる郭群を見学しながら上れば、難なく山上主郭までは到達出来るものと思われる。

9_1 土橋付き空堀見所

19 郭側壁

18_2maru_1 二の丸

20_naka_daihorikiri_3 20_naka_daihorikiri_4 中大堀切見所

25_shukaku_dorui 主郭、土塁見所

30_horikiri_1 西端の掘切見所

現状(五月)城跡は各郭共に藪化は進行中にあるが、移動に差し支えるまでには至っておらず、概念図に示した現存する遺構はほぼ判別可能であり、山城としてみれば比較的ましな状態にある。この山城の醍醐味であり魅力は、遺構残存度の高であり、堀切、堀切壁となる切岸を含めた全ての郭切岸、形は当然崩れているが分かり易い土塁と、とにかく遺構が判別し易い所にある。見所は様相あるいは風情も含めた山城の全てとも言えそうに思えたが、一つ挙げれば本郭群(主郭と二の丸)を挟んだ形の堀切と言う事になろうか。これは切岸高低差が10m近くに達するものであり、見応えはもちろん、遺構から受けるインパクトも凄いものが感じられた。更に縄張り変化にも富んでおり、枝尾根にかけても段郭が配される様は、これぞ山城と呼ぶに相応しいものであり、探索冥利に尽きる城跡と感じられた。この地域には他に旧三重城、あるいは出城なるものも存在するらしく、今回は場所も確定できぬままに終わってしまったが、この城跡の縄張り、あるいは遺構群を見る限りでは、非常に期待が持てそうには感じられた。

城跡を個人的に評価すれば、ほぼ完存とも思える遺構残存度の高さ、人の手の入らない山城としては見て回りやすい、比較的ましと思える状態、遺構の見応え、更に山城の醸し出す風情及び縄張りプランに至るまで、挙げれば限がないが、正に推奨に値する城跡であると自分の目には映ったのである。自ずと是非お勧めの城跡と言う事にはなり、山城ファンにとってはこの状態なら当たり前であっても、一般城跡ファンにとっては少し厳しいかも知れないが、是非一度このお手軽感のある城跡を訪れて、本来の山城遺構の醍醐味を味わって頂きたいと思うのである。

« 鶴ヶ岡 殿城跡(京都府南丹市) | トップページ | 真野城/土野城跡(京都府綾部市) »

京都(丹後地方)の山城」カテゴリの記事

コメント

TAKUさん今晩は
今日、偶然ですが大宮町の「三重城」へ行ってきました。
予定では、「森本城」と2か所行く予定でしたが、自宅(交野市)から片道3時間かけての遠征ですので現地に居れるのが、精々5時間位なので、結果として三重城の想像以上の規模で森本城には行くことができませんでした。
9時前に現地に到着し、麓で聞き込みを行ったところ詳しくご存じの方の話を聞く事が出来
「三重別城」の事も教えていただきました。
縄張り図を書き上げ、下りてきたら2時前になってしまい森本城はあきらめて大宮町の図書館に行き資料をあせって帰って来ました。
以前お知らせしました様に大宮町の城は、高森城、明田城、延利城、森本城行きましたが
そのうち「森本城」は今日調べて結果「入谷城」(明田字「城ヶ越」にあり泉の上の丘です)と分かりました。
TAKUさんは「森本城」に行かれたとのことですが、頂上に秋葉さんの有る山ですか?
森本にはもう一か所城が有りますが、出来れば詳しくお知らせ頂けないでしようか。
御願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/34688034

この記事へのトラックバック一覧です: 三重城跡(京都府京丹後市):

« 鶴ヶ岡 殿城跡(京都府南丹市) | トップページ | 真野城/土野城跡(京都府綾部市) »

無料ブログはココログ