« 上三井庄城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 井脇城跡(京都府船井郡) »

2010年3月 7日 (日)

安口西砦跡(兵庫県篠山市)

この山城は既にリポート掲載を終えている安口(ハダカス)城の直ぐ西側に隣接する丘陵先端部に位置しているが、個人的にはアクシデントを含めた諸事情により、同日訪問をする事が叶わなかった。今回は計画した山城巡りの最終訪問としての機会に恵まれたので、心残りでもあったこの城跡へのリベンジも含めて、やっと現況をリポートする運びと相成った。訪問結果としては、安口城の連続する堀切の素晴らしさにも魅了されたが、この城跡の西端に施された二重堀切も決して負けてはおらず、全体的にはコンパクトにまとまった小規模な城跡ではあるが、見応えは同等かそれ以上とも見受けられるものであり、更に冬季ともあって全体像が窺える事からも、そのスケールの大きさまで感じ取る事が出来た。よってまだ未訪の方には、二城同日訪問は是非お薦めしたいが、既に安口城を訪れた方には単独として訪れても十分満足感の味わえる城跡と目には映ったので、これから訪れる方は是非この現況リポートを参考にして頂きたいと思うのである。

1 登城ルート

5a 登山口

3 3ha3 城跡概念図

城跡は篠山市安口北ノ谷にあって、訪れるには安口城と同じ訪問ルートでもある国道372号へ進入する事が先決となるが、進入口までは国道沿いに目印となるものがないので、ルート図で地形から判断して頂きたい。既に安口城を訪ねられた方なら直ぐお分かり頂けるが、登城口として目印となるのは墓地の直ぐ西側にある小さな農機具小屋(冬季なら国道から確認可能)で、その脇から山道が更に谷状地形の奥まで繋がっている。この道を途中まで利用しての訪城となるが、山道を奥に少し入り、少しばかり水の流れる沢を越えて、山上の郭切岸まで直接繋がる左手急斜面を一気に上り切れば、5分程度(国道から歩いても10分程度)で山上郭が迎えてくれるはずである。しかしこの激斜面は流石に山城を形成する一部分でもあり、上るには相当厳しいものがある。尚、西側の縦堀が最終落ち込事となる、小さな工場施設脇からも容易く上れる(此方の方が多少楽)ので参考までに、、

13_horikiri_1 東堀切見所

22_nisigawa 主郭内

19_shukaku_dorui 主郭土塁見所

26_horikiri1 西端堀切見所

29_2jyuu_horikiri_sokumen_1 32_2jyuu_horikiri_sokumen_1 二重堀切見所

現状(二月)冬季だけに限るのか、落葉樹が多い為なのか、元から木々が少ないのかは定かではないが、見通しもある程度利き、山城としてみれば比較的見学し易い良い状態(高いレベル)にある。隣接する安口城は六月に訪れた事もあって、主郭以外は相当藪化が進行していたが、この山城も春には葉が生い茂り、移動にも見学にも難渋する状態になるのかも分からない。見所としては先に触れた東尾根を断つ堀切と西端の大土塁を挟んだ形の二重堀切は真っ先に挙げられようが、主郭には櫓台機能とも見受けられる土塁、郭間の高低差は余りないがその切岸、あるいはフラットに近い形で自然保持されている郭跡も充分に目は楽しませてくれている。更に山上郭の周囲は直登すれば分かる様に、切岸がそのまま下まで落ち込む崖状急斜面であり、その険峻な様相も含めて山城としての醍醐味は充分満たしてくれている。個人的には、久し振りにこの砦規模の城跡に山城賛歌を贈りたい気分にさせられたのである。もちろん安口城が素晴らしい事は言うまでも無いが、、

« 上三井庄城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 井脇城跡(京都府船井郡) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/33323817

この記事へのトラックバック一覧です: 安口西砦跡(兵庫県篠山市):

« 上三井庄城跡(兵庫県丹波市) | トップページ | 井脇城跡(京都府船井郡) »

無料ブログはココログ