« 仏南寺城跡(京都府綾部市) | トップページ | 安口西砦跡(兵庫県篠山市) »

2010年3月 5日 (金)

上三井庄城跡(兵庫県丹波市)

この城跡へは二度目の訪問となるが、前回は「東漸寺」北背後に聳える山の山頂が城跡と、勝手に目星を付けて上ったものの、山上における削平地だけを覗いて見応えのある遺構にも遭遇出来ず、肩を落としながら下山した苦い記憶が残っている。今回は以前山城巡りの中で知り合った方から、明確に残る遺構は寺院東側の丘陵上にある事を聞かされ、今回はそのリヴェンジも含めた再チャレンジとなった。

城跡は兵庫県丹波市春日町上三井庄殿地にあって、東漸寺」の直ぐ北東背後の丘陵先端部に位置している。城史に関しての詳細は不明であり、この一帯を統治していた三尾山城主でもあった赤井氏一族と関連した城跡の様には察せられるが、推察の域は出ないものである。城跡へは、以前「東中城」をリポートしたが、途中までは同じルートでもあるが舞鶴若狭自動車道「春日」ICが最寄の乗降口、県道69号を経由して東中を過ぎれば、一般道709号へ針路変更、後はルート図を参考にすれば、目印となる「東漸寺」までは難なく到達できるだろう。山上までの山道は見当たらなかったので、自ずと直登となるが、概念図に示した寺院背後のダム手前右手斜面にある、害獣避けフェンスを開閉してそのまま山上を目指せば、多少の藪漕ぎは仕方が無いものの、10分内で山上主郭までは辿り着けるはずである。

1_1_2 登城ルート

10 進入口

1_2_2 城跡概念図

現状(二月)城跡は、主郭を除けば相当低草木が蔓延っているが、冬枯れしている状態なので、主要二郭で形成された縄張り内の遺構は、ほぼ判別確認可能な状況にある。現状、副郭から下界を望む事は充分可能な状態でもあり、山上に佇めば当時の周囲の環境にまで思いを馳せる事が容易い様にも感じられた。城跡の見所を挙げるとすれば、主郭北背後に備わる三重の堀切と言う事になるが、大土塁を挟み、更に高低差を違えた堀切の構造は、目を楽しませてくれるには充分なものとも感じられた。もちろん空堀は西斜面側にそのまま縦堀として繋がっているので、山城としての醍醐味も充分感じられる事は言うまでもないが、、他で目に留まった遺構は、北端尾根上を遮る埋もれた堀切跡(僅かに縦堀跡が残る)、主郭北側に僅かに残る土塁跡、副郭の土塁跡程度ではあるが、個人的には上ってまで窺うに充分な遺構群(特に三重堀切)と目には映った。

15_obi 西帯郭

18_shukaku_oku_dorui 主郭、奥土塁見所

20_horikiri1_1 堀切見所

23_3jyuu_horikiri_2 三重堀切見所

26_hokutan_horikiri_ato_1 北端の堀切跡

城跡の現在の状態を考えれば、夏季訪問においては枯れ枝に更に青葉が生い茂り、直登中における藪漕ぎも更に厳しいものがあると予想されるので、訪城のタイミングとしては、梅雨時までと限定して良いのかも分からない。しかし山城ファンにおいては、お勧め出来る城跡である事は確かであると同時に、一般城跡ファンには、冬季でもこの状態では、見学に際しては少し厳しいものがある様には感じられた。尚、寺院を挟んだ反対側の西側丘陵上、あるいは遠く北側の山上付近にも、比較的規模の大きい削平地は見止められた(前回登山時)が、堀切などの様に判別し易い遺構は目に留まらなかった。しかし当然山上詰城と想定は出来るものとも思われるので、これは戦略的に城域と感じられる付近まで足を延ばしてみたい方の参考までに、、、

« 仏南寺城跡(京都府綾部市) | トップページ | 安口西砦跡(兵庫県篠山市) »

兵庫県の山城跡」カテゴリの記事

コメント

兵庫県の考古資料をもとにして
今日、登ってきました。
藪漕ぎをし、羊歯をかき分け、尾根を直登
土塁囲みの塹壕に登り土塁を思わせる遺構
主郭の北端の土塁に登ると
北尾根筋には三重の堀切が!
見晴らしも良く、小振りながらコンパクトな城跡でした。
帰って検索すると、やはりというか、流石というか
近畿の山城天々さんと賛歌さんがヒットしました。
ぶらっと行く時でも参加さんのサイトは
要チェックすべき!と痛感しました。

TAKUです、播磨屋さんコメント拝見させて頂きました。
私以上に多くの山城を踏破しておられるご様子の、播磨屋さんにそう言って頂けるのは、非常に光栄に感じるところですが、これからの励みに変えさせて頂きたいと思います。
訪問から既に二年近く経つとは言え、直登道中におけるあのシダの多さには閉口したものですが、三重堀切の全貌が拝めた事で、それも過去のなつかしい思い出となりました。やはり苦労して上った山城は、意外に記憶に残るものですね、、、今でもしっかり覚えています。
この城跡は、数十年後には間違いなく自然と同化した、ただの山になりそうに思われますが、この城跡だけに限らず、他の丹波の山城にも共通して言えそうです、、、残念ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1070646/33427070

この記事へのトラックバック一覧です: 上三井庄城跡(兵庫県丹波市):

« 仏南寺城跡(京都府綾部市) | トップページ | 安口西砦跡(兵庫県篠山市) »

無料ブログはココログ