« 梨子ヶ岡城跡(京都府綾部市) | トップページ | 高内城跡(京都府福知山市) »

2010年3月24日 (水)

夜久野 日置谷城跡(京都府福知山市)

城跡は福知山市夜久野町日置/日置(ヘキ)谷にあって、谷筋より西側にあるほぼ独立した低山山上に位置している。夜久氏居館跡(長者屋敷)と言われている高内城が直ぐ西側に控えている事からも、自ずと高内城にとっての出城、あるいは夜久野町で展開される夜久氏城塞群の支城とも見受けられる(推察)が、周辺に数多く存在する小型の山城を思えば、どれが本城であっても、規模からみた上での判断は少し難しい様には思えた。

城跡へ向うには、福知山市内を経由するルートなら、国道9号で牧川あるいは山陰本線に沿って西進すればよいが、ルート図に記された様に目印となるのは国道沿いにあるガソリンスタンド(出光)で、その手前の道を北へ進路変更すれば、登城口ともなる墓参道へは直ぐにでも合流可能である。付近に車の路駐スペース(画像に注目)は充分あるので、ここからは墓参道を利用して、最奥に備わる自然地形を取り込んだ大堀切まで歩いて向えばよい、堀切堀低部にある墓地(画像に注目)からは、そのままその背後を直登で上り切れば、直ぐにでも主郭に到達する事が可能である。尚、墓参道からはどこから取り付いて上っても比較的上り易いので、直登口に拘る必要は無いものとは思われる、、。

1_1 登城ルート

6 登城墓参道

1_2 城跡概念図

現状(三月)城跡は全域が植林地化されており、主郭内は見通しが良く利き、更に下草も少ない事からも、遺構の判別確認にはほとんど支障は来たさない状況となっている。現状判別確認可能な遺構群は見所と共に概念図には記したが、一番見応えのあるゾーンは主郭周りで、切岸跡、明確なものを拝める縦堀、高低差は余りないが分厚い櫓台土塁、東側の上り土塁虎口、更に主郭背後を断つ大堀切と、山城を形成する上で欠かす事の出来ない最低限の構築物は、ほぼ眼にする事が出来る状態でもある。特に印象に残ったのは主郭背後の直立に近い切岸で、崖状斜面となって数十m下まで落ち込む様は、「正に圧巻!」とも言える様相となっており、自然地形を取り込んだ形の巨大堀切と並んで、更に目を楽しませてくれる事は請け合いと思えた。

1_tatehori_1 縦堀見所

8_dai_horikiri 大堀切見所

11_obi_yori_shukaku 帯郭より主郭切岸

13_shukaku 主郭内

14_shukaku_yagura_dorui_1 櫓台大土塁見所

20_koguti 上り土塁虎口見所

砦規模の山城で遺構が目白押しと言う訳ではないが、国道沿いから歩いても数分の距離にあるお手軽感、あるいは見学し易い状態の良さを加味すれば、充分お薦めの城跡と言う事にはなるだろう。次でリポート掲載予定の高内城と併せた同日訪問であれば、更に充実した山城巡りとなるのではないだろうか。

« 梨子ヶ岡城跡(京都府綾部市) | トップページ | 高内城跡(京都府福知山市) »

京都(福知山)の山城」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夜久野 日置谷城跡(京都府福知山市):

« 梨子ヶ岡城跡(京都府綾部市) | トップページ | 高内城跡(京都府福知山市) »

無料ブログはココログ